ボーダーコリーがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ボーダーコリーがかかりやすい病気は?

ボーダーコリーがかかりやすい病気は?



ボーダーコリー

ボーダーコリー優れた身体能力を持ち合わせてます。激しい運動が過ぎてしまうと骨と筋肉を痛めてしまう場合もあるほどです。ボーダー・コリーは幼い頃から成長期にかけて肩関節部分の骨軟骨症を発症しやすい傾向があります。一般的に目の病気も多く、コリーアイ症候群も多いのです。

 

 

 

 

 

 

コリーアイ症候群

遺伝性の眼疾患が多い傾向があるコリーは、日々の目のチェックも大事です。瞳を構成している視神経などの組織が形成異常を起こす病気です。症状が全くないように見えても徐々に病気は進んでいる場合もあります。残念ながら予防も治療も、難しく遺伝性の病気であることだけはわかっていますので、少しでも早く発症を見つけて、対応するほかありません。眼底検査で発覚する病気ですので、定期的な検査の必要性もあります。

股関節形成不全

 

ボーダーコリーがいつもの歩き方とは違う様子を見せたときに、異常に気がつきまう。この原因は「股関節形成不全」が原因です。生後半年頃から発症しやすくなります。動きが鈍くなり自分で立ち上がることも難しくなるほど、状態が悪くなります。原因としては成長期に急激な骨の成長と体重増加が股関節に負担を与えることが挙げられます。

なかなか難しいコントロールなのですが、股関節形成不全を予防するために、子犬の栄養値を若干下げた状態で給餌するという方法です。簡単に言えば発症を抑制するための措置です。

ボーダーコリー

進行性網膜萎縮

 

生後間もない頃には異常は感じられない状態から、2歳前後に急に症状が出てしまう病気です。異常な運動感覚や視覚の異常になります。温厚な性格だった子がある時期を境に攻撃的な行動を見せるようになります。原因は脳内にあるセロイド・リポフスチンという色素が原因となって色素代謝を行う酵素が蓄積されることで脳にダメージを与える病気です。

素因があっても生涯発症しないコリーもいます。予防は厳しい病気の一種です。もしも、発症した場合にも治療法が見つからないのが現状です。

セロイド・リポフスチン症(脳疾患)

生後間もない頃には異常は感じられない状態から、2歳前後に急に症状が出てしまう病気です。異常な運動感覚や視覚の異常になります。温厚な性格だった子がある時期を境に攻撃的な行動を見せるようになります。原因は脳内にあるセロイド・リポフスチンという色素が原因となって色素代謝を行う酵素が蓄積されることで脳にダメージを与える病気です。

素因があっても生涯発症しないコリーもいます。予防は厳しい病気の一種です。もしも、発症した場合にも治療法が見つからないのが現状です。ボーダーコリー

まとめ

ボーダーコリーには遺伝的な目の疾患が多いので早期発見とその後の療養についても獣医師と相談のうえ、少しでもストレスを減らして暮らしていけるように飼い主は努力をしてあげましょう。