ボストンテリアがかかりやすい病気について | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ボストンテリアがかかりやすい病気について

ボストンテリアがかかりやすい病気について



ボストンテリアなどは「短頭種」と言われ、独特の頭の構造をしていますので、短頭種特有の病気には注意が必要です。ボストンテリアの病気に対する情報をきちんと持ち合わせていれば、それに応じた対処や予防策が取れるようになりますので、正しい知識を学んで、ボストンテリアの日々のお世話に役立てましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

軟口蓋過長症

「軟口蓋過長症」はボストンテリアにとても多い病気です。聞きなれない病気かもしれませんが、症状がわかりやすい病気の一種です。特に鼻の短い犬種に多く見られる呼吸器疾患です。喉の手前にある軟口蓋と言われる部分が通常よりも長くなってしまったために気道を塞いでしまうことで発生します。特徴としては、「寝ているときのいびきの音が異常に大きい」「口で呼吸をする」「運動をした時に呼吸が荒くなる」などです。呼吸がしづらいというのは、想像している以上に体への負担が大きいので、呼吸に関する症状については早急な対応を心がけてください。

軟口蓋過長症がひどくなってしまうと、呼吸困難に陥り体温調節がうまくできなくなってしまい、すぐに熱中症になって容態が急変してしまうことも珍しくないので注意が必要です。元々は遺伝性の病気の一種で、ボストンテリアのような鼻の短い犬種には多く見られます。このような犬種は他の犬種よりも軟口蓋の部分が厚いので、そもそも呼吸がしづらい構造にもなっています。そのような特性を考え、ボストンテリアの呼吸の異常に気付いたときには、早急に動物病院で検査を受けることをお勧めします。

鼻腔狭窄

「鼻腔狭窄」は、鼻の孔のサイズが普通よりも小さいために呼吸や体温管理に支障が出る病気で、ボストンテリアにも非常に多いです。見た目からも鼻の孔の大きさが小さいことはすぐに分かると思います。普段よりも鼻水が多く見られるときや、呼吸が辛そうにしているときには、鼻腔狭窄になっている可能性を考えてみましょう。これは後天的な病院ではなく、ある程度遺伝するものと言われています。残念なことに予防をする手段がなく、呼吸が辛い場合や日常生活にも支障を来す場合には手術をした方が良いこともあります。

症状としては鼻の穴からグーグーという音が聞こえたり鼻水を勢いよく飛ばしたりなど、顕著なものが多いです。呼吸が荒くなってしまうと酸素不足になってチアノーゼを起こしてしまいますので、早急な治療が必要になります。症状が呼吸困難を起こすほど強くなく軽度の場合には、体重管理をしながら呼吸を楽にするように保存療法が選択されます。

努力呼吸の辛さ

ボストンテリアは鼻の孔が小さいので、普通に呼吸をするのにも健康な犬よりも努力が必要になります。そのため呼吸困難に陥りやすく、体温が上がりうまく調節ができなくなることがあります。普段の生活でも、特に暑い日に外出を控えたり、散歩が辛そうなときには安静にさせるなど、その時々の症状に応じた対処をしてあげてください。鼻腔狭窄だけではなく軟口蓋過長症も併発しているときには、早急に外科的な手術を行い、呼吸を楽にできるように、気道を塞いでいる部分を切除して様子を見ます。

チェリーアイ

ボストンテリアに多い目の病気が「チェリーアイ」です。これは原因ははっきりと解明されていないのですが主に生まれつき第三眼瞼の結びつきが緩い場合や無意識のうちに目に傷を作ってしまいそこが原因になって発病する場合がほとんどです。チェリーアイのボストンテリアの目をよく観察すると第三眼瞼部分が外側に突出していることがわかります。常に赤みを帯びているので気づきやすいでしょう。ボストンテリアに多い病気ですので子犬の時期から気が付く場合も多いのです。瞬きが異常に多い場合や涙が増えているときには、チェリーアイの初期症状と言えます。くれぐれも目を擦らないように注意をして必要があればカラーをつけるなどして目を保護してください。初期の場合には点眼薬で対処できますが症状が進んでしまうと外科的な処置を選択することになりますので、いずれにしも少しでも早く診察を受けるようにしてください。

白内障

白内障の特徴水晶体部分が白濁してきて網膜部分に光が感じられない病気です。結果的には視力にも大きく影響をしてボストンテリアの中にも失明をする子もいます。白内障の原因は目にできた傷がきっかけになる場合や遺伝性の場合があります。内臓疾患として糖尿病を持っているボストンテリアは白内障に、かかりやすい傾向もあります。白内障を予防するのはなかなか難しいことですが、常に目の様子は飼い主でも把握できることなので、目に白濁がないかどうか?についても常に観察をしておきましょう。生活の中で、あきらかに力が低下している様子が見られた場合には、早急に目の検査を受けて診断を仰いでください。

まとめ

ボストンテリアには短頭種に多い病気や目の病気などが目立ちますので、普段の生活の中で、異変を感じた場合には大事に至らないように早めに動物病院を受診することをおすすめします。