平均治療費と補償割合 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 平均治療費と補償割合

ペットにかかる費用

平均治療費と補償割合


ペットを飼っていると様々な費用が掛かりますが、その費用の多くを占めるのが怪我・病気の治療費です。 治療費は数千円程度のものから数十万円程度まで様々ですが、平均的な治療費について知っておきましょう。
 
犬
ペットが怪我・病気をしたときに治療にどれくらいかかるのかご存知でしょうか。

そもそも治療費がどれくらいかかるのかわからないとペット保険も選びにくいですよね。

ここではペットが怪我・病気をしたときにどれくらい治療費がかかるのかについてご紹介します。
 

治療にかかる費用の平均

医者
日本獣医師会の「家庭飼育動物(犬・猫)の診療料金実態調査(平成26年)」によると平均的な費用は以下のようになります。

初診料 1,400円
再診料 700円
往診料 2,200円
入院料(小型犬) 2,700円
入院料(中型犬) 3,500円
入院料(大型犬) 4,200円
レントゲン検査 4,000円
注射料 1,200円

あくまで目安ではありますが平均的にはこのような金額になります。
 

主な怪我・病気別の平均治療費

手術
骨折 160,000円
異物誤飲 40,000円
外耳炎 11,000円
胃腸炎 19,000円
ガン 166,000円
どれもかなり高額になっています。ペット保険に入っていなければ全額自己負担しなければなりません。

参考:ペット&ファミリー少額短期保険株式会社「ペット保険がなぜ必要なのか?」    http://www.petfamilyins.co.jp/insurance/
 

補償割合ごとの自己負担額の例

お金
例1
ペットが捻挫してしまった。 通院数回で10,000円かかった。 
50%補償 → 自己負担5,000円
70%補償 → 自己負担3,000円
100%補償 → 自己負担0円

例2
ペットがガンになってしまった。 通院・入院・手術で200,000円かかった。
50%補償 → 自己負担100,000円
70%補償 → 自己負担60,000円
100%補償 → 自己負担0円

治療費が大きくなればなるほど補償割合が重要になりますね。
大きな怪我・病気に備えたい人は補償割合が高いペット保険がおすすめです。
 

ペット保険を比較してみよう!