ペット保険の補償の範囲 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険の補償の範囲

ペット保険の補償の範囲

フルカバータイプと補償限定タイプ


ペット保険によって補償される範囲は異なります。きちんと確認せずにペット保険に加入してしまうのはとても危険です。ペット保険に加入する前に、一体どこまで補償されるのかということを必ず確認しましょう。
 
〇×
ペット保険は補償範囲の観点から主に

「フルカバータイプ」 と 「補償限定タイプ」

の2種類に分けられます。ここではそれぞれにどういった違いがあるのかご紹介していきます。
 

フルカバータイプとは?



チェック
フルカバータイプとは
 
「通院補償」 通院にかかる費用(診察費・治療費・処方薬代等)を補償
「入院補償」 自宅での治療・療養が難しく入院が必要になった場合の費用を補償
「手術補償」 大きな怪我や病気により手術が必要になった場合の手術費用を補償
の3つが補償に含まれている場合のペット保険を指します。それぞれ限度額や限度回数が定められている場合も多いので確認が必要です。 基本的なペット保険はこのフルカバータイプが多いようです。 この3つの補償以外にも、歩行が困難になった場合に必要な車いす費用を補償してくれるなど、ペット保険によっては追加で補償がある場合もあります。
補償範囲が広いのでとにかく安心を求める人にはフルカバータイプがオススメですね。
 

補償限定タイプとは?


手術
補償限定タイプは 

「手術補償のみ」といったような補償の範囲が限定されているものを指します。

補償限定タイプはフルカバータイプよりも対象となる補償の範囲が狭いため、保険料が低めに設定されている場合が多いです。 また、補償限定タイプは特定の補償の限度額や限度回数がフルカバータイプよりも多く設定されている場合があります。手術の時だけ保険金が欲しい、保険料を安く抑えたい、などといったような考えを持っている人には補償限定タイプがオススメです。
 

補償の対象にならない?

×
ペット保険はすべての通院、入院、手術において必ず補償してくれるわけではありません。 例えば、ワクチン接種などの予防をするためにかかった費用は補償の対象外になります。また、ワクチン接種により予防できる病気にかかった場合も補償の対象外となります。もちろん保険会社によって異なることもあります。 このように通院が補償されるペット保険に加入したからといってすべての通院にかかる費用が補償されるわけではありません。

詳しくは 補償の対象外になるときは? をご覧いただくと補償の対象外となる代表的なものが記載されていますので、ぜひご確認ください。
 

ペット保険を比較してみよう