ドーベルマンがかかりやすい病気について | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ドーベルマンがかかりやすい病気について

ドーベルマンがかかりやすい病気について



筋肉質で美しい体を持ち頭脳明晰なドーベルマンにも、かかりやすい病気があります。今回はドーベルマンが気を付けておきたい病気の情報を集めてみました。

 

 

\

 

 

 

 

 

心臓の疾患・拡張型心筋症

ドーベルマンには心疾患に注意をする必要があります。その中でも心臓の壁が薄くなる病気で拡張型心筋症という病気の心配があります。初期の頃には症状がわかりにくいのですが病気が進行し始めると時折失神をすることがあります。飼い主さんはただ事ではない!とようやく動物病院に相談に行くというのがよくあるパターンです。この病気が重くなると咳が増えて不整脈を起こす場合もあります。突然死にも注意が必要な病気です。

ドーベルマンの拡張型心筋症の原因は不明です。高齢犬になるにつれて発症率も高まる傾向がありますので、気が付いたときにはまずは内科治療で対処し、心機能の改善を図ります。難治性で予後も悪い病気ですので、できるだけ早い段階で治療を開始して様子を見守る必要があります。心臓病は他の犬種も、かかりやすい場合がありますが、拡張型心筋症については特に、ドーベルマンに起きる可能性が高めですので用心してください。

胃拡張・胃捻転症候群

ドーベルマンのような胸が深い大型犬に多いのが胃拡張・胃捻転症候群です。最初の症状は今にも嘔吐しそうな仕草を見せながらも、一向に吐けず大量のよだれを垂らすようになって飼い主は異変に気がつきます。普段はスマートな体型をしているドーベルマンのお腹が次第に膨れてきます。呼吸が苦しくなり臓器が押し上げられるような形になってくると胃が壊死する場合やショック状態にも陥ります。治療が遅れると取り返しのつかないことになりますので、異変に気づいたらすぐに、動物病院で診察を受けてください。

まずは点滴で全身状態を安定させて胃の中にチューブを挿入してガスを排出させる処置をします。これで状態が落ち着けば容態は安定します。それでもガスが抜けないような状態であれば外科手術を行い、胃の整復と固定を試みます。

甲状腺機能低下

普段は俊敏に動くドーベルマンが急に運動をしたがらない様子を見せてあまり喜怒哀楽がなくなったと感じたときには甲状腺機能低下症を疑ったほうが良いでしょう。甲状腺の数値を測定することですぐに診断できる病気です。のどにある器官から分泌される甲状腺ホルモンの働きが低下することで発病します。

原因としては免疫に異常が起きてしまい、その免疫が甲状腺を攻撃するような形になっているのです。時折てんかんのような発作を起こす場合もあり心拍数や血圧が低下することで活気が著しくなくなってしまうのです。急に寒がりになる場合も甲状腺機能低下症が進行している可能性が高いのです。甲状腺機能低下症は普段のドーベルマンを注意深く観察していることで、気づいてあげられる病気です。できるだけ早く発見してあげるようい心がけましょう。

糸球体

腎臓系の病気で腎臓の中の血液ろ過機能を果たす部分に炎症を起こし急性腎不全や慢性腎不全の症状を引き起こします。症状がほとんどない場合もありますが、元気がなくなり、体重が減ります。腹水なども顕著に表れるようになると重症ですので、正しい診断と治療が必要になります。この病気を発症すると網膜剥離や眼底出血を起こすこともあります。

糸球体腎炎を予防する方法はありません。投薬と適切な食事管理を徹底します。他に病気がないかも調べてストレスの少ない環境で穏やかに健康的な毎日を送れるように飼い主は協力をしてあげましょう。

股関節形成不全

股関節形成不全はドーベルマンに多い病気です。成長過程において急激な体重増加が原因となって発病します。股関節部分への荷重が急激にかかることで、股関節に不具合が生じる病気です。犬の股関節形成不全は太ももの骨と骨盤とを結合している股関節の先端部分が普通とは違っています。悪化しないように運動は抑えて体重管理に気をつけましょう。

外科治療が主に主体になりますが、初期の段階では投薬治療をしますが、運動機能が落ちてしまう場合には、投薬治療を断念して手術を選択します。

尾側頚椎症

 

肩に近い部分が常に不安定で脊髄が障害を受けてしまいます。首の痛みから頭を下げた状態で歩くようになってしまう病気です。治療をしないで放置しておくと四肢にマヒが起きてしまうので必ず然るべき治療を受けるようにしてください。軽度なうち首を固定して運動制限をすることで安静を保ちます。鎮痛剤を使いながら様子を見ます。少しも改善しない場合には早期に手術を考えるほうが良いでしょう。

外科治療が主に主体になりますが、初期の段階では投薬治療をしますが、運動機能が落ちてしまう場合には、投薬治療を断念して手術を選択します。

まとめ

ドーベルマンは様々な病気にかかりやすい傾向がありますので、少しでお普段と違った様子を見つけたときには動物病院で相談を受けましょう。