猫の保険契約件数ランキング | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 保険ランキング > 猫の保険契約件数ランキング

猫のペット保険契約件数
ランキング

2018年猫のペット保険契約件数ランキング!
猫に公的な健康保険制度が無い分、人間以上に治療費や入院・手術費が掛かることもあり、ペット保険が注目されてきています。
猫の病気やけがでの治療費や入院費を補償するペット保険は、ペットを飼われている方には必見のコンテンツです!今人気のペット保険会社を様々なランキング形式でご紹介します!
このページでは、当社運営ペット保険メディア全体での契約件数に基づいたランキングをご紹介します!

プラン名補償割合保険料例
うちの子50%プラン50%
・トイプードル :2270円
・柴犬 :2270円
・ゴールデンレトリバー :3590円
※0歳時の保険料月払いを記載しております。
プラン名補償割合保険料例
50%補償プラン50%
・トイプードル :1430円
・柴犬 :1590円
・ゴールデンレトリバー :1700円
※0歳時の保険料月払いを記載しております。
プラン名補償割合保険料例
ベーシックプラン80%
※免責金額を
除きます。
・トイプードル :1870円
・柴犬 :2670円
・ゴールデンレトリバー :3430円
※0歳時の保険料月払いを記載しております。
プラン名補償割合保険料例
Lペット医療保険70%
・トイプードル :2420円
・柴犬 :2860円
・ゴールデンレトリバー :3450円
※0歳時の保険料月払いを記載しております。
プラン名補償割合保険料例
プラン5050%
・トイプードル :2120円
・柴犬 :2420円
・ゴールデンレトリバー :2420円
※0歳時の保険料月払いを記載しております。
○注意事項
※掲載している保険料は、2018年3月1日現在の情報によるものです。
※表示されている保険料は、お客様が選択可能なオプション特約は全て除いた料金です。
※保険料は、各種割引制度(多頭割引、福祉割引、WEB割引等)は適用しておりません。

猫の保険を選ぶときのポイントは?

猫の保険の選び方

猫が一番かかりやすいと言われている病気というのが泌尿器系の病気です。その中で特に気をつけなくてはいけないのが腎臓病だと言われています。慢性化すると治療費や通院日で多額の費用が必要になります。そのため、通院上限回数の多いものや補償が手厚い保険を選ぶと良いです。 猫は犬と比べて病気にかかりにくいというデータがあります。しかし、病気にかかるときは大病であることが多いです。そのため、いざという時に安心できるペット保険を選びましょう。
 

猫の保険の選びかた

猫齢 1位 2位 3位 4位 5位
0歳 下痢 結膜炎 外耳炎 嘔吐 膀胱炎
1~2歳 膀胱炎 嘔吐 結膜炎 下痢 皮膚炎
3~6歳 膀胱炎 嘔吐 結膜炎 皮膚炎 下痢
7~9歳 膀胱絵 嘔吐 結膜炎 腎不全 外耳炎
10~12歳 嘔吐 腎不全 慢性腎不全 胃腸炎 下痢
13歳~ 腎不全 慢性腎不全 嘔吐 膀胱絵 甲状腺機能亢進症

引用:いぬと暮らす、ねこと暮らす。 https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/2935/

膀胱炎


軽度な場合の治療例 重度な場合の治療例
治療内容 通院(検査、処置、内服薬など) 通院(検査、処置、内服薬など)・手術
治療日数・回数 3日 8日
治療費合計 9,340円 77,652円

引用:いぬと暮らす、ねこと暮らす。 https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/2935/

嘔吐


軽度な場合の治療例 重度な場合の治療例
治療内容 通院(検査、処置、内服薬など) 通院(検査、処置、内服薬など)・手術
治療日数・回数 1日 3日・手術1回
治療費合計 10,000円 123,540円

引用:いぬと暮らす、ねこと暮らす。 https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/2935/

結膜炎


軽度な場合の治療例 重度な場合の治療例
治療内容 通院(検査、処置、内服薬など) 通院(検査、処置、内服薬など)・手術
治療日数・回数 1日 通院11日、入院4日
治療費合計 9,200 80,200円

引用:いぬと暮らす、ねこと暮らす。 https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/2935/

腎不全


重度な場合の治療例
治療内容 通院(検査、処置、内服薬など)
治療日数・回数 18日
治療費合計 193,650円

引用:いぬと暮らす、ねこと暮らす。 https://www.axa-direct.co.jp/pet/pet-ms/detail/2935/

猫の年間治療費

混血猫の年間治療費は60,544円、マンチカンは37,658円、アメリカン・ショートヘアは50,842円など猫ごとに費用にばらつきがあります。(0歳から12歳の平均)犬と比較すると、小さな病気は少ない猫ですが、高齢になるにつれて、大病を患うケースが多く見られます。泌尿器系の病は特に、すぐに気づけない症状が多いため、日々の観察が重要です。

通院は猫はもちろん、飼い主さんにも大きな負担がかかるもの。猫がかかりやすい病気についてよく知り、健やかな日々を暮らせるよう万全の対策をしましょう。


引用:家庭どうぶつ白書 2017
https://www.anicom-page.com/hakusho/book/pdf/book_201712.pdf
 

 

アニコム損害保険株式会社 募集文書番号:W1803-0046

アイペット損害保険株式会社 募集文書番号:募1808-007(19.08)

au損害保険株式会社 募集文書番号:B17C310573(1801)

アクサ損害保険株式会社 募集文書番号:PET0866-182-0883

ペッツベスト少額短期保険株式会社 募集文書番号:R018­0-1(18.1)

日本ペットプラス少額短期保険株式会社 募集文書番号:Gi17-011(171129)

株式会社FPC 募集文書番号:TS-EL-TO-02

ペット&ファミリー少額短期保険株式会社 募集文書番号:PF-D064 171212

楽天少額短期保険株式会社 募集文書番号: No.0900 MGST0480-171129

ペットメディカルサポート株式会社 募集文書番号:TW180115

イーペット少額短期保険株式会社 募集文書番号:EPHPAG017-018

日本アニマル倶楽部 株式会社 募集文書番号:PRC-BC0079-01

ランキングの基準について

ページトップ