ペット保険の保険金請求 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険の保険金請求

ペット保険の保険金請求

ペット保険の保険金請求のやり方


ペット保険を利用する際、どのような手順で保険金を請求したらいいのでそうか?
大変な時期に慌てないためにも、あらかじめ基本的な流れを押さえておきましょう。

犬

ペット保険の請求には2通りのやり方があります。

一つは窓口割引型というものです。
これは自己負担分を病院窓口で支払うだけで完結するものです。

もう一つは自分で手続きをしなければならない、立て替え請求型です。
立て替え請求型は、一度は病院の窓口で全額自腹で支払います。
そして必要な書類をそろえて、保険会社に請求するのです。

手順と注意事項を見てみましょう。

同じけがや病気などはまとめて請求することも可能です。
しかし、保険会社によっては診察から30日以内、入院なら退院した日から30日以内など、期限が決められている場合があります。
いつまでに書類を提出しなければならないか確認をわすれずに!

また、保険金の請求には時効があり、2年までとなっている場合がほとんどです。


自己負担を窓口で払うだけの窓口割引型とは?

犬

立て替え請求型は、戻ってくるとはいえ一度に多くのお金が必要になる場合があるのでお財布には苦しいを言う場合があります。

一方自己負担額を窓口で支払うだけの窓口割引型は、用意するお金も治療にかかった全額ではないので一度にかかる負担を気にしなくていいですね。
また、そこで支払ってしまえば完結するので面倒な手続きを、期限を気にしながら行うということをしなくてもよいので非常に楽です。

どうすれば窓口割引型を利用できるのでしょうか?
これは、各保険会社が提携する動物病院でその会社の保険証などを見せることで使用できる制度です。

加入している保険会社と、通っている動物病院が提携していないと使えない制度です。
最近ではこう言った提携病院は増えてきました。
窓口割引型を採用している保険会社から、提携病院を調べることができるので確認してみましょう。