適切な補償割合 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 適切な補償割合

補償割合

適切な補償割合は?


「補償」といっても50%補償と100%補償では大きな差がありますよね。 ペット保険を選択する決め手として補償割合は非常に重要です。 ペット保険に加入する前に、補償割合について必ず確認しましょう。
 
割合
ペット保険の補償割合は保険会社によって様々です。

大体50%~100%の間のものが多いです。もちろん補償割合が高くなるにつれて保険料も高くなります。

ここでは補償割合の観点から、ペット保険の選び方についてご紹介していきます。
 

補償割合100%



100%
けが、病気によってかかる治療費も違いますが、額にかかわらず補償割合100%なら安心ですよね。しかし補償割合100%ということはそれだけ保険料も高くなってしまうことが多いです。また補償割合100%のペット保険はそこまで多くないので選択肢が少ないです。

補償割合100%がオススメの人は以下の通りです。
 ・とにかく安心の保険に入りたい
 ・ペットにある程度のお金をかける余裕がある

ただし注意しなければならないのは
「補償割合100% ≠ 費用全額補償」 であるということです。

なぜかと言いますと補償割合というのは治療にかかった費用をどれくらい負担してくれるのかという割合のことで、加えて限度回数や限度額が決まっている場合があります。補償割合100%というのは限度に満たない場合は100%補償されますという意味です。このことを知らないと大変な事になるので限度回数・限度額はきちんと確認しましょう。
 

補償割合50~90%


50%
半分補償してくれればいいなという人は50%補償、半分だと足りないと感じる人は70%補償を選択すると良いでしょう。一般的に補償割合が高いほうが限度額などは高く設定されています。また、ペット保険の補償割合は50%または70%に設定されているものがほとんどなので選択肢が多いのも魅力です。限度額などの情報も加味しながら自分に合ったペット保険を探しましょう。

補償割合50~90%がオススメの人は以下の通りです。
 ・最低限の補償を求める
 ・保険料はなるべく安く抑えたい
 ・他のペット保険と比較したい
 

まとめ

まとめ
補償割合はペット保険を選ぶ基準として大きな要因の1つです。しかし、補償割合だけでペット保険を選ぶのだけはやめましょう。
限度額・限度回数・保険料などペット保険には他にも見るべきポイントがあります。重視するポイントや自身の状況などを考慮してあなたにあったペット保険を見つけましょう。
 

ペット保険を比較してみよう!