ペットの健康は食から | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペットの健康は食から

ペットの健康は食から

ペットの健康は食から


毎日の食事で口にするペットフード。お値段も量も本当に様々ですよね。
普段食べているものだからこそ、健康にも少なからずとも影響は出てくると思います。 どういう基準で選べばいいのか改めて確認しましょう。


ペットフード見分けるには

ペットフード

ペットフード見分け方

ネコちゃん、ワンちゃんのエネルギー源となるペットフード。
毎日食べるものなので、吟味してフード選びをしたいと思っている方も多いと思います。

まず、ペットフードには肉や穀物、添加物やど様々な成分で構成されており、パッケージに記載されてある成分表を確認することで何を原料に製造されているのか判断できます。

成分表には『原材料の使用量の多いものから順に記載する』というルールがあるので主原料が何なのか判断することが可能です。

数あるフードの中で安全・危険なペットフードを見分けるには何を確認すべきかを紹介します。



犬

○○ミール

主原料に「○○ミール」と記載があるものは、人間の食用としては不適格となる正常な生きた動物の肉でないものも含まれる可能性が高く、消毒や添加物が多く含まれている場合が多いので避けるべきです

またミートミールとは記載されずチキンミール、肉副産物、ミートエキスについても同じくくりとなり表現が変化しただけのものですので注意してください。


猫

添加物

添加物にはペットフードを長期保存させるための保存料や酸化防止剤、はたまた見た目や嗜好性を高めるための着色料や香料などがあります。

その中でも特に注意したい危険な添加物があります。
それは発がん性が疑われる「BHD」「BHT」「亜硝酸ナトリウム」や、安全性の確認ができていない着色料の「赤色3号」などです。


赤ペン

動物性油脂

動物性油脂は酸化が早いため、酸化防止剤が使われていることがほとんどです。

狂牛病で問題になった「肉骨粉」もペットフード用に使用が認められています。
最低でもどのような肉の脂なのかわかるペットフードを選ぶべきです。


いぬねこひかり

最後に

いぬねこひかり
ペットの健康を左右するフードを選ぶのは、私たち飼い主です。

一人一人がペットの健康の為に安全なフードが選ぶ意識を持つことで、本当に良いフードが流通する仕組みを作っていくことに繋がります。
正しい知識を身につけ、安全だと判断できるものを選ぶように心がけましょう。

また、小麦グルテンフリー、香料・着色料・保存料無添加などの6つのポイントが特徴のキャットフード「ねこひかり」、ドッグフード「いぬひかり」が2016年7月より販売開始しました!
「ねこひかり」「いぬひかり」は自社サイトとyahooショッピングで絶賛販売中です!

ペットフード通販「いぬねこひかり」 HP ペットフード いぬねこひかり