犬に食べさせてはいけないものって? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 犬に食べさせてはいけないものって?

犬に食べさせてはいけないものって?



チワワ

犬が食べてはいけない食べ物をご存知ですか?
知らないで何でもかんでも食べ物を与えてしまうと大変な事態を引き起こしてしまう事があります。
今回は犬が食べてはいけないもの
チョコレート・ネギ類・ナッツ類・アボカドについて症状などをまとめてみました。

チョコレート

チョコレートチョコレートには、デオプロミンという成分が中毒症状を引きおこす成分がはいっています。
テオプロミンは体重1㎏当たり100〜200mgが致死量と言われております。
・小型犬(5キロ):ミルク板チョコ2枚
・中型犬(15キロ):ミルク板チョコ6枚
・大型犬(30キロ):ミルク板チョコ11枚

症状

嘔吐、おち着きがなくなる、下痢、体温が高くなる不整脈、心拍の増加、口の渇き、尿失禁をしてしまいます。
症状が悪化してしまうと筋肉の硬直・痙攣・昏睡・死亡する可能性もあります。

対処

少量の場合、24時間安静にして様子を見ましょう。
大量の場合、吐き出させて動物病院に連れていきましょう。
人間にとって美味しいチョコレートですが、犬にとってはとても危険です。
間違えて誤食しないように飼い主さんがしっかり管理してあげましょう。

ネギ類

玉ねぎネギ類に含まれるアリルプロピルジスルフィドという物質が体内に吸収され赤血球を破壊し、貧血症状がおきます。
玉ねぎ1/4を食べてしまうと症状が出ます。
また、ネギ類の入ったお味噌汁を飲んでしまうとネギ類のエキスが入っているためとても危険です。

症状

貧血、食欲不振、血尿、粘膜が黄色くなります。
症状がひどいと呼吸困難に陥り、死に至ります。

対処

症状が出るのは、大体12時間後~5日です。
すぐに吐き出させ、動物病院に連れていきましょう。

ナッツ

 

ナッツナッツの中には犬が食べること自体は問題がないナッツもありますが、重篤な中毒症状を起こしてしまうナッツもあります。
そしてナッツ類には基本的に脂肪が豊富に含まれていることもあります。
中毒症状は出なくとも肥満や内臓疾患に繋る可能性があります。
基本的にナッツは与えないようにしましょう。
絶対に与えてはいけないのは「マカダミアナッツ・ピーナッツ・アーモンド・クルミ」です。

症状

・マカダミアナッツをあげてしまうと、マカダミアナッツ中毒になってしまいます。
小型犬が1粒食べただけでも症状は出てしまいます。
早くて摂取後60分、通常6~12時間以内に、吐く・脱力感・震え・腹痛・ぐったりと横たわるなどの症状がみられます。
他の消化不良が元となり下痢、嘔吐を引きおこしてしまう。
・ピーナッツ自体に中毒を起こす要素はないようですが、消化に悪いことから積極的に犬へ与えることはおすすめできません。消化不良や嘔吐、下痢の原因となってしまいます。
マグネシウムも含まれているため、尿結石を引き起こす恐れもあります。
・アーモンドは食物繊維が多く、硬いため消化の悪い食べ物です。中毒性はありませんが、消化不良が元となり下痢、嘔吐を引き起こす可能性があります。アーモンドは粒が大きいので、そのまま与えてしまうと腸閉塞の危険性もあります。また、ピーナッツと同じく人間用に加工されているものは絶対に与えないようにしましょう。
・クルミなどのナッツ類には酵素抑制物質が含まれています。これは熱を通すことで働きを抑えることができますので、生のクルミは食べないほうがよいでしょう。食物繊維や脂質が多いため消化の悪い食べ物でもあります。
消化不良による下痢や軟便、嘔吐、便秘といった症状を引き起こす可能性があります。また、リンを多く含んでいるため尿結石の元になる場合もあります。

対処

ナッツ類を食べてしまったのを発見したらすぐに動物病院に連れていきましょう!

アボカド

アボカド人間には大人気のアボカドも犬にとってはとても危険です。
ぺルジンという成分が原因で、実・種・皮すべて食べてしまうと肝臓障害をおこしてしまいます。

症状

嘔吐、下痢、呼吸困難を起こしてしまいます。
最悪の場合は死に至るケースもあります。

対処

もし食べってしまったら下痢、嘔吐していないかチェックしすぐに動物病院に連れていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?
人間にとって美味しい食べ物でも大事な愛犬にとっては命取りになってしまうものがあります。
健康で元気に過ごしてもらうためには、食生活、食べていいものダメなものしっかり把握しましょう!