ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気は?

ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気は?



ジャックラッセルテリアは遺伝的な内臓疾患などが少ない犬種です。ですので長生きをするために、定期健診を欠かさず受けて何か病気の症状が出たときには早期発見ができることで大事には至らずに済みます。元気な毎日を見守るために飼い主ができることを努めてください。犬種特有のかかりやすい病気を知っておくことで、いざというときに役に立ちます。

 

糖尿病

ジャックラッセルテリアは膵臓の動きが悪くなることで糖尿病にかかる可能性がある犬種です。肥満が原因で糖尿病にあるというよりも、ストレスなどが引き金で膵臓の働きが低下してしまうとインスリンの排出が足りなくなります。そこで糖尿病を発症してしまうという仕組みです。放置すると症状が進みますので、糖尿病はきちんと治療を受けさせて飼い主も一緒に生活改善を図ってあげることで回復が見込める病気です。

糖尿病の症状

ジャックラッセルテリアが糖尿病になった時には飲水量が増えて排尿回数が増えるという症状が出ます。また食事量は同じなのに体重が減る、量を与えても増えないという症状と腹部が膨らむという症状も同時に出てしまいます。早期発見が大事な病気ですので一つでも当てはまるときには、動物病院で診察を受けて、きちんと検査をしてもらうほうが安全でしょう。

中には肝臓が腫れることで腹部が腫れてしまい場合もあり、心配な症状が出てきてしまいます。また人間と同じで糖尿病は白内障を引き起こす場合も多いので、まずは糖尿病にかかった場合には、早期に治療を開始することが重要ポイントです。

レッグ・ぺルテス病

レッグ・ぺルテス病は股関節の病気です。ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気の中でも特別ま予防法がないのが厄介なことです。この病気に関しては遺伝的な要素が強いと言われています。この病気の恐ろしいところは片足の大腿骨頭が壊死することで激しい痛みを伴います。子犬の時に発症しますので、早急に治療をしないと歩行が困難に場合もあります。外科的な手術が根治に至る方法となります。専門病院でリハビリを受けながら経過観察をすることが概ねの治療法となります。進行した症状は緩和させることが困難ですので外科的な手術を勧められる場合には、前向きに検討をしてジャックラッセルテリアの歩行を一番に考えてあげるべきです。

まとめ

糖尿病と股関節の病気には十分に注意を払い早期発見に努めることが飼い主の役割です。もしも病気が発覚した場合には少しでも早く治療を開始してジャックラッセルテリアが快活な毎日を送れるように見守ってあげることが重要なお世話の一つです。