キャバリアがかかりやすい病気 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > キャバリアがかかりやすい病気

キャバリアがかかりやすい病気



キャバリア

キャバリアといえば心臓病にかかりやすいということは周知のことですがそれ以外にも気を付けて起きた病気があります。今回はキャバリアの健康管理についての知識をまとめました。

 

僧帽弁閉鎖不全症

キャバリアに一番多い心臓病です。その中でも、僧帽弁閉鎖不全症が多く心不全を起こしてしまう恐ろしい病気の一種です。加齢に伴い心臓の血液の逆逆流を抑えている左心房と左心室を隔てている僧帽弁弁が変性します。そのために僧帽機能が低下してしまい左心室から左心房へ血液が逆流するのです。これいよって肺水腫を起こし症状が進むと運動時や興奮時にせき込むようになります。

治療としては心臓の働きを補助する薬を投与して経過を観察します。しかしあがら僧帽弁閉鎖不全症は手術以外には根治の難しい病気であることは確かです。専門医の判断で手術を勧められるケースも多いのです。内服薬はあくまでも僧帽弁閉鎖不全症の進行を遅らせるだけの役割で完治を望めるものではありません。キャバリア

膝蓋骨脱臼

キャバリアには膝の曲げ伸ばしにの際に膝蓋骨がずれてしまう膝蓋骨脱臼も多いことが知られています。遺伝的な要素が関わり膝関節を構成する組織が先天的に異常をきたしている場合が多いのです。キャバリアの場合にも、症状が段階的に違いますので、保存療法だけで過ごせるタイプの膝蓋骨脱臼と、手術をしないと歩行が困難にある重度の膝蓋骨脱臼もあるのです。

膝蓋骨脱臼の治療方針はキャバリアの年齢や持病の有無によって決められます。体重管理やサプリメント投与、リハビリテーションで様子を見守る場合もありますが個体差があるのが事実です。

尾側後頭骨形成不全症候群

後頭骨の先天性奇形が原因の病気です。生まれつき後頭骨に奇形があるので、小脳と脳幹が頸髄を圧迫します。症状が進んで小脳が後頭骨から脱出すると「小脳ヘルニア」を発症してしまうのです。この症状のために脳脊髄液の流れが全体的に悪くなり、脊髄空洞症が起きてしまいます。

この病気は若年でも起きてきます。片側の耳の周りを何度も掻きむしるような仕草を見せるようになります。やがて首が斜頸する場合も見られ頚部に痛みを感じるようにもなるのです。徐々に悪化するケースが多く、痙攣や脳障害がオイル場合もありますので要注意です。

治療としては投薬で脳や脊髄の圧迫を抑制しておさえ痛みなどの症状を改善させるほかありません。手術自体は非常に困難で動物病院でも限られた場所でしか実施していないほどの難易度があります。キャバリア

まとめ

キャバリアは心臓病をはじめ難しい先天的な病気を持っている場合が多いので、すべて早期発見と、生活に支障がないように飼い主が支援するほか、手立てがないこともありますので、獣医師と二人三脚で取り組む姿勢が求められます。