ラブラドールレトリバーの性格や飼い方 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ラブラドールレトリバーの性格や飼い方

ラブラドールレトリバーの性格や飼い方



ラブラドールレトリバー

元来は狩猟犬の一種であるが、現在はその多くが家庭犬として、あるいは盲導犬や警察犬などの使役犬として飼育されているラブラドールレトリバー。
原産地にあたるのは、カナダのニューファンドランド島。
16世紀頃、この地域の入植者が連れていたセント・ジョンズレトリバーがその祖先です。
セント・ジョンズレトリバーはイギリス国内で貴族の手により繁殖と選択交配が進められ、19世紀の末頃には現在のラブラドールレトリバーに近い形になったため、イギリス原産となりました。
イギリスでは1870年頃には通称でラブラドールレトリバーと呼ばれていましたが、1903年にはイギリスケンネルクラブに登録され、正式な名称になりました!
ラブラドールレトリバーはアメリカとイギリスを中心に人気が高まり、世界中に広がりました。
盲導犬としラブラドールレトリバーを最初に使ったのはイギリスでした。
現代では介助補助犬、麻薬探知犬、災害救助犬など、人間の近くでたくさんのラブラドールたちが能力を発揮して働いています!

ラブラドールレトリバーの性格

ラブラドールレトリバーは温和で優しく、社交的です。
他の犬とも仲良くすることができます。
周りの音に過剰に反応して無駄吠えすることが、ほとんどありません。
縄張り意識も薄い犬種のため、飼い主以外の人間に対しても友好的です。
とても賢く学習能力に優れているので、高く物覚えが良く、盲導犬や聴導犬、介護犬、警察犬など活躍をしています!

ラブラドールレトリバーの飼い方

ラブラドールレトリバーは体力もあり活発的です。
そのためお散歩は毎日、朝晩行ってあげましょう。
短毛ですが、毛は抜けるので週に数回のブラッシングはしてあげましょう!
そしてラブラドールレトリバーは食べることが大好きで、太りやすい犬です。
なので、太らせないように飼い主様の管理が必要です。
社交的でさびしがり屋なので、室内で家族と一緒に過ごしてあげましょう!ラブラドールレトリバー

まとめ

いかがでしたか?
ラブラドールレトリバーは盲導犬として、警察犬として、最近ではセラピー犬としても有名です。
賢いラブラドールレトリバーにはスキンシップを沢山とってあげましょう!