窓口精算と通常の支払いとの違い | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 窓口精算と通常の支払いとの違い

窓口精算

窓口精算と通常の支払いとの違い


ペット保険には「窓口精算」という精算方法があります。通常の保険金請求よりも非常に便利です。しかし、すべてのペット保険が窓口精算に対応しているわけではありません。通常の保険金請求とどのように違うのでしょうか。
 
窓口
窓口精算が通常の保険金請求とどのように違うかご存知ですか。

なんとなくしか分からない、といった人も多いでしょう。

そんなあなたのために窓口精算と通常の保険金請求の違いについて詳しく説明します。

 

窓口精算と通常の保険金請求の流れ



資料
窓口精算 保険金請求
窓口で保険証を提示

窓口精算が可能か確認

自己負担分のみお支払い
窓口で全額お支払い

書類などを揃え保険会社に請求

後日保険金受け取り

窓口精算は窓口だけで請求が完了するのに対し、通常の保険金請求は時間も手間もかかります。頻繁に通院するときは窓口精算を利用すると手間が省けて便利ですね。
 

必要なものや費用の違い


お金
窓口精算 保険金請求
必要なもの ペット保険証 請求書
診療明細書
領収書
費用 自己負担分のみ 一度全額を支払う必要あり

※保険会社により異なる場合あり

窓口精算は窓口で自己負担分を支払うだけで済むのに対して、通常の保険金請求は一度全額を支払う必要があります。治療費が大きいときは一旦とはいえ全額支払うのは負担が大きいですよね。
 

メリット・デメリット

OK
窓口精算 保険金請求
メリット 面倒な手続きがいらない
支払い時の負担が小さい
保険料が比較的低め
デメリット 保険料が比較的高め
対応病院が限られている
手続きが面倒
支払い時の負担が大きい

窓口精算は手間がかからない分、窓口精算に対応しているペット保険は保険料が高めに設定されていることが多いです。また、窓口精算はすべての病院で対応しているわけではありません。病院に行く前にその病院が窓口精算に対応しているのかきちんと確認しましょう。かかりつけの病院が窓口精算に対応していなくても、保険会社によっては対応してほしい病院を希望申請すれば窓口精算に対応できるようになる場合もあります。
 

ペット保険を比較してみよう!