窓口請求が出来るペット保険の利用価値について | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 窓口請求が出来るペット保険の利用価値について

窓口請求が出来るペット保険の利用価値について



ペット保険の保険金は手続きをした後に飼い主の指定口座に振り込まれる形を取るものが多いのですが、今回は動物病院の窓口で即時保険が適用されるサービスを行っているペット保険の情報をお伝えします。細かいルールもありますので、併せてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

窓口請求可能のペット保険

現在一部のペット保険会社では、窓口精算が可能な保険プランを提供しています。対応する動物病院の場合には病院のカウンターにペット保険会社のロゴが貼られているので、判断がしやすくなっています。保険会社が発行しているカードを精算時に提示してその場で保険請求が完結するという便利なものです。一般的なペット保険の場合ではその日かかった治療費を一旦全て飼い主の負担し、後日書類を保険会社に送付するなどして、ようやく保険金を受け取ることが出来ます。窓口精算の場合にはこれらの面倒な作業が必要ないので非常に便利です。また、その日にまとまったお金を用意する必要がないので精神的に楽であることもメリットの一つです。

動物病院の支払い窓口では

後から保険金を請求できると分かっていても、一般的なのペット保険プランでは、高額な請求金額を一時自腹で立替える必要があります。一旦は自分で支払う必要があるため資金集め大変で、高額な手術の場合には、30万円ほどかかってしまうものもあります。更に保険会社に保険請求をかけても保険金が給付されるまでの期間は保険会社によってまちまちで、長く待たされてしまう場合も多いので、いずにしても飼い主の負担は大きいと言えます。

診断書が必要なペット保険の場合には、獣医師に書いてもらう診断書の発行料を支払う必要もあります。保険金請求用の診断書にも3千円程度の費用が必要になりますので、飼い主の負担は増える一方となります。掛け金が多少割高であっても、実は窓口清算のプランの方が断然お得である場合もあるのです。

窓口請求のデメリット

窓口清算が可能なペット保険に加入しようと考えられてる場合には、対応病院が限られていますので、御自分の住んでいる地域の動物病院の中でどの病院が対応しているのかを、保険加入の際に直接オペレーターに尋ねるなど、御自分でも調査をしておきましょう。また、ペット保険証を忘れてしまった場合には保険対象外になることも十分に理解しておいてください。そして、容態が安定しない等で同じ日に複数回受診した場合も2回目以降の受診は保険対象外になります。

ちなみに、国内で窓口清算ができる動物病院の数はA社が4,000施設、B社が6,000施設となっています。いずれも随時更新されていますので、保険加入検討時に尋ねておくと良いでしょう。最近では2社だった窓口請求可能な保険会社も、1社追加になって合計で3社になっています (2018年5月現在)。しかし、やはり全ての動物病院で対応してくれる制度ではないので、特定の動物病院のみでのサービスに限られています。

窓口請求の細かなルール

その日の受診が終わった後にペット保険証を忘れてしまっていた場合には、その時の受付対応にもよりますが原則として窓口請求はできません。保険契約の有効性が確認不可能となることを理由に窓口清算が困難になります。その時点で一旦飼い主が支払うという方法を勧められる場合もありますので、かかりつけの動物病院に相談をして指示を仰ぐようにしてください。

その日に窓口清算ができなかった際には、通常の清算方法と同じように保険会社の指示のもと、必要書類を揃えて保険会社に郵送して保険金を請求するようにしてください。窓口請求ができるペット保険に加入していても、保険証を忘れてしまうと対応は難しいと考えておきましょう。気軽に保険金請求ができる反面、厳格なルールに基づいているのです。

窓口請求で注意をすること

ペット保険は「日本の動物病院で診察を受けてその際に発生した保険金を支払う」というルールになっている会社がほとんどです。ですので、必ずご自分のペットを伴って診察を受けることが大前提です。例えば、薬を貰いに飼い主だけで病院に行った場合は、あいにく保険請求の対象にならないのです。更に、ペットを連れて行ったとしても飼い主が動物病院の窓口で薬を受け取っただけでは、ペットの診察がなされていないことから、窓口請求ができないのです。どのような行為に対して保険金が支払われる取り決めになっているのか、加入前に約款は必ず良く確認しておきましょう。

ただし、診察の後、病院側の事情で薬が在庫切れになっているなどの場合、後日郵送で薬を届けてもらう場合には補償の対象になります。この微妙な違いを飼い主がしっかりと把握しておくことが何よりも重要です。

まとめ

ペット保険の中でも窓口清算ができる会社は少しずつ増えてきており、飼い主の負担も軽減される傾向にあります。それでも細かなルールがありますので、事前にルールを良く確認し飼い主の責任のもと正しく窓口請求を行えるようにしましょう。せっかくの窓口請求ができるペット保険でも、「使えない!」という場合には、急な出費に悩まされることになります。くれぐれも注意しておきましょう。