マルチーズの性格や飼い方 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > マルチーズの性格や飼い方

マルチーズの性格や飼い方



マルチーズ

マルチーズは非常に人が好きで室内外に向いている犬種です。
家の中で飼いやすいのですが、少しデリケートな面も持ち合わせています。
純白でまっすぐに伸びたシルクのような被毛が美しいマルチーズ。小型ながら気丈で活発、ときに大胆な一面も。
明るく人懐っこい性格で、愛情深く飼い主にとても従順。
そんなマルチーズの魅力を十分に伸ばし、心身ともに健やかに育てるために押さえておきたいポイントがあります。
ここでは、家族に迎えたその日から生後1年までの成長期を中心とした基本的な飼い方を紹介します。
飼う際についての注意点を見てみましょう!

環境

【迎える前までに用意しておきたいもの】
何よりも第一に、犬を家族の一員として迎える心構えが必要です。
事前に家族とよく話し合っておきましょう。
そしてサークル、ベッド、トイレをセットして安心して休める場所、いわゆる「ハウス」を用意し、トイレと寝場所の区別をつけやすいようベッドは箱型など段差のあるものが良いでしょう。
食器や水を飲む器、ドッグフードなども用意し、清潔な環境を整えます。
新しい環境に慣れさせるため、入手先で使っていたおもちゃなどがあればもらってくるのもいいですね。
当日は気候を考えて準備をし、暑さや寒さには十分配慮してあげましょう。

食事

【慣れるまでは干渉しない】
子犬は環境の変化に弱いので新しい環境に慣れるまでは、フードは出来るだけ入手先で食べていたものと同じもので同じ量を。急にフードが変わると胃腸障害を起こすこともあります。
緊張や不安であまり食欲がない場合は、整腸剤を併用するのも良いでしょう。
睡眠をたっぷりとることが十分な発育を促すので、人の出入りが頻繁ではない場所にサークルを置き、落ち着ける環境を作ってあげましょう。
可愛いからといって家族が代わる代わるのぞき込んで睡眠の邪魔をしないようにしましょう。

ワクチン接種と健康診断

生後間もない時期での伝染病予防のワクチン接種は通常3回受けます。
初回は生後6~8週目あたりに受け、その後1ヶ月程度あけて2回目、3回目と受けるが、迎え入れる状況や地域性にもよります。
ワクチン接種の証明書(どんな種類のワクチンかも確認)を入手先からもらい、回数や種類は獣医師に相談するのが良いでしょう。
動物病院に連れていくのは、迎えて1週間ほど経ち、新しい環境や飼い主に慣れてからに。同時に初回の健康診断も受けましょう!
心臓に雑音がないかどうか、聴診器でチェックしてもらうと安心です。マルチーズ

マルチーズを飼うのに向いている人とは?

運動音痴な人向け

マルチーズはコロコロとよく動きます。しかしあまり沢山運動はできません。

お散歩は運動というより、気分転換や様々な音・人・犬に触れあうという目的で行きましょう。
毎日長時間の散歩は無理・・・。という運動嫌いの方にピッタリです。
体重が軽くキャリーバッグに入っての移動は楽なので、いろんなところに一緒に出掛けるのは楽かと思います。車が無くても大丈夫ですね。
愛犬と一緒にアクティブなレジャーを楽しみたいという方には物足りないでしょう。ゆったり過ごしたい方にお勧めです。

いっぱい可愛がりたい人向け

マルチーズは起源ははっきりしないのですが、初めから愛玩犬として生きてきたようです。
そのため人が大好きで甘え上手です。
クールなこよりもいっぱい可愛がっても、ずっと喜んでくれるこがいいという方向けです。
ただ、甘えた時にすぐに構っているとわがままになってしまいます。甘えてきたとき、お座りやフセなどをして落ち着かせてから一緒に遊んであげましょう!
被毛の手入れを苦なくできる方
マルチーズの美しい白い被毛を維持するのはやはり少し大変です。
涙が多いので、涙焼けをします。気が付いたとき拭いてあげるようにしましょう。
被毛を伸ばす場合は毎日のブラッシングが欠かせません。汚れが目立つので汚れていたら蒸しタオルで、その都度汚れを落としましょう。
こうしたお世話を楽しみつつ行うことができる人に向いています。
長い毛が大変という場合は、短く切ってしまうのもいいでしょう。
その場合も毛玉ができていないかこまめにチェックし、汚れているところがあればきれいにふき取ります。

まとめ

お手入れは少し手間な部分もありますが、賢く穏やかで人が好きなので犬を飼ったことの無い初心者の方でも安心して飼うことができます。
運動量も少ないので、現代の日本に合っている気質体質の犬といえるかと思います。愛犬と一緒に穏やかに過ごしたい方はマルチーズと暮らしてみるのはいかがでしょうか?