マルチーズがかかりやすい病気について | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > マルチーズがかかりやすい病気について

マルチーズがかかりやすい病気について



愛くるしいいマルチーズには特有の病気があります。飼い主さんは普段の様子を観察して少しでも変化があったときには早めに動物病院に連れて行ってあげる習慣をつけておいてください。社交的で明るい性格をしているマルチーズの健康のために、飼い主さんはかかりやすい病気を知っておくことが大事です。特に目の病気には用心してください。

 

 

 

 

 

 

マルチーズ目の病気・眼瞼内反症

マルチーズは眼瞼内反症にかかりやすい体質をしています。しきりに目を痒がっている様子があれば、まつ毛の様子を観察してあげましょう。よく見るとまつ毛が反っているのです。このまつ毛は眼球を刺激しているので、断続的に不快感が続いているのです。目の中に細菌が入りこんでしまい角膜炎や結膜炎を起こしてしまうのです。飼い主さんではどうしてあげることもできないので、気が付いたら動物病院で診察を受けるようにしてください。

獣医師の判断でまつ毛を抜く処置や、程度が酷い場合には外科的手術が必要なこともあります。人間で言うと「逆まつ毛」の状態ですので、想像をするとどれだけマルチーズにとって不快な状況なのかがわかります。原因はほとんどが先天的まものです。稀に後天的な場合もありますが外傷を起こした後や結膜炎を度々起こすとまつ毛が変形して起こる場合も考えられえるのです。

予防法は特にないので、早期発見が望まれます。定期的にまつ毛を抜く処置やレーザーを使用してまぶたの整形手術を行う場合もあります。目ヤニが増えていつもより涙の量が多くなっているときにはまつ毛が原因で炎症が起きていることがほとんどです。マルチーズのつぶらな瞳を守ってあげられるのは飼い主さんです。

流涙症

流涙症は常に涙が出ているような状態でマルチーズの白い被毛を茶色く変色させてしまいます。それ程涙が過剰に分泌されてしまう病気です。涙がスムーズに排出されないことで、引き起こされることが原因です。マルチーズには多い目の病気です。涙がうまく排出されなくなる原因は、様々ですが眼球に何らかの刺激が加わり結膜炎などが起きていることが多いのです。元々、鼻炎があって鼻の間と目の間にある涙管がふさがっている場合もあります。

流涙症があると常に目ヤニが出やすい状況になってマルチーズには非常に目立ちやすい涙やけを起こすこともあります。常に目の周りの被毛は短く整えて常に清潔に保つようにしてください。

外耳炎

マルチーズは垂れ耳ですのでどうしても外耳炎になりやすい傾向もあります。わけもなく足で耳を書くような仕草を繰り返すようであれば、外耳炎になっている可能性がかなり高いのです。そして臭いのあるべたついた耳垢が出るようであれば、症状がかなり強いと考えてください。定期的に耳掃除をすればよくわかるのですが、飼い主さんの方で難しい場合には、定期的に動物病院で耳掃除をお願いすれば安心でしょう。

頭を強く振っているようなときは炎症が慢性化している可能性がありますので、根気よく治療をする必要があります。炎症が長く続いて完治に及ばない場合には、外耳道が塞がる場合もあります。そうならないように、早期発見が必要です。

外耳炎を起こす原因は、様々ですが真菌や細菌が耳の中で繁殖をして発症する場合が多いのです。とても厄介なのは耳ヒゼンダニという大きなダニが寄生することで強烈な痒みを感じる場合です。いつもとは違う耳の様子を感じたらすぐに受診をしてください。

外耳炎の治療は抗真菌剤や抗生物質を投与して様子を見ます。耳を洗浄して耳垢を取り除き常に清潔な状態で点耳薬を耳に入れて経過を観察するような治療が一般的です。慢性化しやすい病気ですのでマルチーズの耳の中を時折覗いてみることも重要です。

 

膝蓋骨脱臼

マルチーズには膝蓋骨脱臼も多く、小型犬としての注意が必要です。発症直後は特に大きな変化が見られないので、飼い主さんは発見が遅れてしまう場合が多いのです。健康診断時に膝をチェックしてもらい、初めて膝のお皿が外れやすいという指摘されることがあります。膝蓋骨という言いは膝の屈伸を補助する部位です。この膝蓋骨が外れやすい状態になっているのが膝蓋骨脱臼の症状です。

遺伝的なことが原因で起こる病気で小型犬にはとても多い病気です。マルチーズが散歩中に、いきないりスキップするような歩様になっているときや痛みがある足が地面に着地していないときには、膝蓋骨脱臼のグレードがかなり進んだ状態だと判断されます。

治療としては外科的な手術が選ばれます。症状が軽いときにはフローリングに柔らかなじゅうたんを敷くなど、生活を改善させることで様子を見ます。同時に膝の軟骨保護の薬を投与して膝蓋骨脱臼の進行を抑える治療も選択されます。活発なマルチーズの場合には階段を上り下りできるのですが膝蓋骨脱臼を保護するために止めさせましょう。常に膝の様子は獣医師に診察してもらい、生活を改善しても痛身が強くなる場合、歩行が困難になる場合には、膝蓋骨整復術が選ばれます。

まとめ

マルチーズには日常的なケアが必要な病気が多く、飼い主さんは細心の注意を払って生活を送ることで早期発見につながる場合も多く、飼い主さんのケアが重要になります。