ミックス(雑種)がかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ミックス(雑種)がかかりやすい病気は?

ミックス(雑種)がかかりやすい病気は?



雑種

ミックス(雑種)は比較的病気に強く長生きする!という情報がありますがこれは純血種に偏る遺伝の病気が少ない上に純血種が持つ、遺伝的な欠陥が少ないことから良い環境で暮らすことで平均寿命が長く元気で過ごせるとうデータがあります。一方で遺伝病因子を持つ犬種同士を掛け合わせる問題も、最近では指摘されるようです。実際にミックス犬がかかりやすい病気を挙げてみました。

個体差がある病気

血統書のない犬同士が交配させている犬種同士を繁殖させている場合には、どう考えても遺伝病にかかる可能性がありますし血統背景が見えてきません。これは大問題です。実際には2種類以上の犬が掛け合わせれていることを考えると、親犬がどのような犬種だったのかは予想不可能です。

このように考えるとあらかじめ、予防すべき病気を断定することが難しいことが言えるのです。ですので、この場合にはどの犬種でも用心すべき病気を把握して対処するほかありません。雑種

なぜ、雑種は長生きの傾向が強いのか?

これまでのルーツを把握することは困難なのですが、雑種犬の場合にはこれまで何度も交配を繰り返し生み出されている可能性が高いのです。そのために様々な血が混ざっているという状況で誕生している雑種犬は、純血犬と比べると同じ犬種の親犬から遺伝的な病気を受け継ぐ可能性や確率が低いことになります。例えば病気に強いと言われている日本犬の血を引く雑種犬の場合には病気にも強く長生きができるという結果につながるのです。

これには例外のもあります。その雑種犬同士の掛け合わせの種類によっては弱い子が生まれてしまう場合もあります。こればかりは仕方のないことです。雑種犬のかけあわせ方によっては逆に病弱になってしまう犬もいます。

一般的にどの犬もかかりやすい病気を知る

がんや心臓病というのは、シニア期に入るとどの犬種においておいても、かかりやすい病気ですある程度、予兆というものがあるはずですので普段と違った様子や顕著に体調不良の様子を感じたときには早めに動物病院での診察をお勧めします。

また加齢による免疫力の低下で発症しやすいのは腎臓病です。血液検査で簡単にチェックができますので特に、雑種の場合にも定期的に検診を受けることをお勧めします。尿路結石なども、病気としては大変多いので、体の変化に敏感な飼い主で居ることは大切なことです。雑種

まとめ

そもそも雑種犬とは様々な気候条件のもと色んな犬種が何度も掛け合わされることで存在している犬です。環境に適する体質を生まれながらに持ち合わせていることから生命力が強く、病気にもかかりにくい傾向が強いわけです。