マンチカンがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > マンチカンがかかりやすい病気は?

マンチカンがかかりやすい病気は?



その名も『猫のダックスフンド』という異名を持つ、短足で可愛いマンチカン。
穏やかで好奇心旺盛、そして人懐こい可愛いらしいマンチカンがかかりやすい病気をまとめました。

椎間板ヘルニア

症状

ジャンプや高いところに登らなくなり、背中をなでると痛がったりします。

重症な場合は深部痛覚の麻痺や排泄が自分で出来なくなってしまいます。

原因

マンチカンは短足な事から、腰に負担がかかりやすく、椎間板ヘルニアなどの脊椎の病気になりやすいと言われます。

椎間板ヘルニアは肥満などで腰に負担がかかり起こりやすくなります。

治療方法

ヘルニアが悪化しないように運動制限や、薬・サプリの投与、重症な場合は手術になります。

治療費例

手術の場合、入院含め約15~20万

予防方法

腰に負担がかかりやすい猫種であることも考えて、太らないように気を付けてあげる必要です。

毛球症(長毛の場合)

症状

体調が悪く元気がない、食欲不振、便秘、吐き気、お腹を触られるのを嫌がったりまします。

原因

マンチカンは「短毛種」と「長毛種」が存在します。長毛種の場合はお腹に飲み込んだ毛が溜まってしまい、胃や腸が傷つき便秘や嘔吐に繋がります。酷くなると腸閉塞になり命に関わります。

治療方法

軽度の場合は毛球除去剤を舐めさせ、毛を排出させます。

毛が排出されない重度の場合は開腹手術を行ない、直接毛玉を取り出す手術をします。

治療費例

軽度の場合は約3000円程度

重度の場合は約20万程度

予防方法

体内に毛が入ること少なくしてあげるために、ブラッシングはとても重要なので飼い主さんがこまめにブラッシングをしてあげましょう。

外耳炎

症状

耳を柱にこすりつけたり後ろ足でかいたり耳をかゆがります。

原因

折れ耳・垂れ耳のマンチカンに多いです。折れ耳・垂れ耳は湿気がこもりやすく、まめに掃除をしてあげないと外耳(耳の飛び出している部分とその奥の細い穴)に炎症が起きる可能性があります。

治療方法

原因菌に合った洗浄剤などで耳の中を綺麗にし薬の投与を行ないます

治療費例

約2000~4000円

予防方法

こまめに見える部分でいいので耳掃除をしてあげましょう。

放っておくと中耳炎になってしまうので、症状がみられた場合は早めに動物病院に連れていきましょう。