犬の熱中症対策・予防法まとめ! | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 犬の熱中症対策・予防法まとめ!

犬の熱中症対策・予防法まとめ!



犬

30度を超える暑さが続く夏は、人間だけじゃなく犬も熱中症になってしまいます。
最近では犬が熱中症が死に至るニュースも取り上げられています。
蒸し暑い室内や閉め切った車の中でのお留守番、激しい暑さの中でのお散歩は、熱中症を引き起こす可能性があります。
そんな熱中症の症状や予防などについてまとめました。

熱中症になる原因

6~8月の間、午前よりも午後のほうが熱中症にかかりやすいとされています。
特に暑い日と涼しい日を繰り返す時期は注意が必要です。

高温多湿な環境に一定時間いると、からだは暑さに順応できるようになります。犬の場合、60日ほどでからだは暑さに慣れていきます。しかし、まだからだが暑さに順応できていない時期は、より低い温度で熱中症を発症しやすくなるので、特に初夏は気を付けなければなりません。

また、同じ気温であっても、湿度が高いか低いか、風があるかどうか、地面や建物からの放射熱があるかどうか等の要因も大きく影響します。無風状態で湿度が高い場合や、地面からの照り返しが強い場合も、より低い気温で熱中症を引き起こしやすくなるため、気温以外の要因にも注意をする必要があります。

熱中症の症状

・ぐったりしている、元気が無い
・呼吸が荒い
・食欲不振
・体温が高い
・よだれが出てる
・フラフラと歩いている
こんな症状がみられたら熱中症の可能性があります。
上記の初期症状を見逃してしまうと、嘔吐・下痢・発作・震え・意識消失してしまいます。
また血尿したり尿が出なくなってしまうととても危ないです。
体温が40度超えてしまうととても危険です。

熱中症の治療

症状によって様々ですが、初期症状をのがしてしまうとどんどん悪化し重症になってしまいます。
重症になってしまうと獣医さんも助けられる可能性が低くなってしまいます。
主な治療は高体温を通常体温に冷やすための冷却、ショック予防の注射や酸素吸入、脱水改善のための点滴をしてもらいます。
意識がない場合は気管チューブを挿入し、心肺蘇生をおこないます。

熱中症の初期症状の場合、からだを冷やす必要があります。
涼しいところに移動してあげて人肌程度の水で濡らし、扇風機で送風します。冷水や氷、アイスパック等の急な冷却は、体の表面だけを冷やして、体内を冷やすことはできないので、オススメしません。
応急処置をしたら早急に動物病院に連れていきましょう。ポメラニアン

熱中症の予防

室内犬の場合

閉め切った部屋はとても気温が上がってしまい熱中症になってしまいます。
クーラーをつけてあげて温度、湿度の調節をしてあげましょう。
水がなくならないようにしてあげましょう。
そしていつも寝ている場所は暑くならないように冷却マット・クールマットなどを敷いてあげましょう。

室外犬の場合

夏はなるべく室外での飼育は避けたいです。
しかし困難な場合は玄関先に避難させたり、屋根などの直射日光が当たらないようにしてあげて風通しもよくしてあげましょう。
お水もちゃんと欠かさないようにしましょう。

車に乗せる場合

車は熱がとてもこもりやすいので、少しだけ犬を車に置いて買い物に行ってしまうと熱中症を起こしやすくとても危険です。
車に犬を乗せる場合は、エアコンを常につけて涼しくしてあげましょう。

散歩に行く場合

真夏はアスファルトがとても暑くなっていて50~60℃もあります。
歩かせてしまうと熱中症だけじゃなく、手足を火傷してしまいます。
日が出ている日中のお散歩は控えて、早朝・夕方以降にしてあげましょう。
またアスファルトは日が沈んでいても熱をもっている可能性がありますのでお散歩に行く際は事前に温度を確かめてあげましょう。
必ず水分は忘れないでください。

熱中症にかかりやすい犬種

暑さに弱い犬種は
・短頭で、鼻の距離が短い体型の犬種
(ボストンテリア・パグ・ブルドッグ・シーズー・ペキニーズなど)
・大型犬
・北方原産または厚い被毛に覆われている犬種
(シベリアン・ハスキー、ボルゾイ、グレートピレニーズ、シェットランド・シープドッグなど)
・疾患を持っている犬

まとめ

いかがでしたか?
人間が暑くて熱中症になってしまうということはもちろん犬だって熱中症になってしまいます。
愛犬が健康で元気に夏を乗り切るためにも、飼い主様は暑さ対策をしっかりしてあげましょう!