パグがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > パグがかかりやすい病気は?

パグがかかりやすい病気は?



パグという犬種にはかかりやすい病気がいくつかあります。独特な体形や皮膚の状態などから、日常的に飼い主が気を配ってケアをしておく必要があるのです。
まず知っておいてほしいのはパグが典型的な「短頭種」であることです。簡単に言えば、鼻ぺちゃ種類ですので、ほかの犬種に比べて呼吸器に不具合を発症する確率も高めなのです。

鼻腔狭窄症

短頭種には多い鼻の疾患です。

よく観察をしてみるとパグは体の大きさの割に鼻の穴が小さめという場合が多いのです。当然呼吸がしづらくなって、やがて鼻を強く鳴らすようになります。

鼻の穴が狭窄していることで、徐々に体温調節もむつかしくなり暑さにも耐えられなくなり、様々な不具合が八津製してしまうのです。1歳を過ぎても呼吸のたびに音がするような場合には早めに獣医師に診断をしてもらうことをおすすめします。

色素性角膜炎・乾燥性角膜炎

パグには眼の疾患も多いのです。眼球が突出しているとう容姿から目の角膜にまつ毛やゴミが入ることで、炎症を起こしてしまう状態です。

角膜が炎症をしてしまうと視力にも影響を与えますので早めの受診が必要です。同時に乾燥性角膜炎も発症しやすい傾向があります。

 

目ヤニが増えて結膜部分が充血することで気が付きます。

なぜか結膜炎が多くなるのも特徴的です。普段から目のチェックは飼い主さんがこまめに行って症状が軽いうちに対処することが必要です。

気管虚脱

気管虚脱は運動した後に咳が止まらなくなる状況です。

普段からアヒルのような音をさせて咳をしているようであれば気管虚脱の症状が疑われます。これは短頭種であるパグには頻発する病気の一種でもあるのです。

異常な呼吸音が目立ち始めて飼い主さんは気づくのです。気管が何らかの事情で押しつぶされて

呼吸困難に陥ります。これを繰り返しているとやがて深刻な状態に陥ってしまますのでまずは、症状が落ち着いても油断をせずに、肥満等の要因に対処しつつ、咳止めや抗炎症薬を服用するなど、治療を選択します。

主治医によく相談をして、外科的な手術が必要な場合には、十分なインフォームドコンセントを経て、選択をしていきましょう。

軟口蓋過長症

もともとパグは呼吸をする道が短いので呼吸の回数はほかの犬種いくらベルトおおくなります。

喉の奥にある軟口蓋という部分が知らない間に肥大することで、呼吸道をふさいでしまう病気です。大きないびきも特徴的です。

いずれにしても、動物病院でレントゲンを撮影するなどして、現状の喉周辺の状態を冷静に診断してもらうことをお勧めします。

 

 

パグ特有の体格や性質から発症しやすい病気については、事前に飼い主が事前に知識を蓄えておくことが大切です