ペット保険の選び方を徹底分析!テスト | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険の選び方を徹底分析!テスト

ペット保険は何を基準に選んだら良いの?

お任せください!
ペット保険の選び方・ポイントを徹底解説します!

他の人はペット保険のここが気になる!

Q.ペット保険に加入する場合、一番気になる部分はどこですか?
  • 1位:保険料 57.2%
  • 2位:補償の範囲 26.1%
  • 3位:補償される金額 8.7%
  • 4位:保険会社の信用度 5.4%
  • 参照:ペット総研 ペット保険について アンケート
    http://www.pet-soken.jp/result/blog.cgi/permalink/20120423000000

グラフ

ペット保険は毎月かかる出費になるので、保険料の安さが気になる飼い主さんが多いようです。その次に多いのが、補償範囲、補償金額です。もしもの時にちゃんと補償されるのかどうか、家計を支えてくれる補償金額なのかどうかは気になるところになります。
保険料が安いだけでなく、それぞれの家庭事情に合ったバランスの良い保険選びをすることが重要になります。

現在、それぞれの飼い主さんに合った保険を提供するために様々な保険プランが売り出されています。その一方で、保険プランがたくさんあり、どの保険に入ればいいかわからない方も増えてきていると思います。 今回はペット保険を選ぶ際のポイントについて徹底分析していきたいと思います!

保険料重視か補償内容重視か

補償内容・補償範囲によって月々の保険料も変わってきますが、補償内容が充実していると保険料も高くなります。また保険料が安いと、補償金額が少かったり、補償割合が低くなります。ペットの種類や年齢から、かかりやすい病気を探し、通院や入院などの事を考えて、家計に負担をかけない月々の保険料と補償内容をバランスよく選びましょう。

また、一般的に年齢が上がっていくと、保険料も上がっていくので、生涯を通して負担が少ない保険料かどうかも確認する必要があります。ペットのライフステージによって保険の見直しなども必要になります。

ペット保険の補償には大きく分けて2つあり、通院・入院・手術のすべてを補償してくれる総合補償と、手術のみの保険・手術や入院のみの特化型補償があります。



保険料重視なら・・・

総合補償なら補償割合を抑えたプランで保険料を安く

補償割合とは治療にかかった費用のうち、保険金として支払われる割合になります。補償割合は50%、70%の商品プランがほとんどになります。 補償範囲を幅広く、かつ保険料をできるだけ安く抑えたい方は50%補償割合から探すと良いでしょう。

保険料が安い総合補償ペット保険を比較する
特化型補償で補償範囲を絞って保険料を安く!

特化型補償は総合補償に比べ保険料が安くなっています。 例えばペットが大病になったときには手術や入院が必要になります。例えば大病になったときのための手術や入院のみを補償し、通院は補償しないプランだと総合補償よりも保険料が安くなります。他にも手術のみのタイプや入院・通院プランなどもあります。 ペットの主にかかりやすい病気が何かを調べて、ある特定の補償項目のみの補償だけで事足りそうであれば特化型プランがおすすめです。

保険料の値上がりの推移もチェック!

チワワの保険料推移表


保険料の推移が気になる保険会社を表示して比較してみよう!

comming soon!
公開までしばらくお待ちください。

補償特化型のペット保険を比較する

補償内容重視なら・・・

補償割合・年間最高補償額をまずチェック!

補償割合はかかった治療費のうち、保険金として支払われる割合のことです。補償割合は50%と70%が多いですが、100%補償などの保険プランもあります。
年間最高補償額は一年間あたりでの支払い保険金の合計額のことをいいます。 50万円から100万円あたりで設定されている保険が多いです。

補償内容重視ならまずは、ペットの種類・年齢から、かかりやすい病気をチェックしてみるといいでしょう。 ペットによって、かかりやすい病気に偏りがあります。 かかりやすい病気が重度の場合、軽度の場合で考えて、どの程度の補償割合、年間最高補償額であれば足りるのかをシミュレーションしてみると良いでしょう。

補償割合・最大補償支払額を比較する
通院・入院・手術の限度回数・日数・上限金額

保険会社によっては保険の商品にもよりますが、年間での通院・入院・手術に対して限度回数・日数、上限金額が決まっています。 限度回数・日数は年間あたりで決められているタイプと制限なしがあります。 それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に合ったタイプを選びましょう。

通院・入院・手術の限度回数・上限金額を比較する

まとめ

いかがでしたでしょうか。ペット保険を選ぶ際に大きく分かれることになるのは保険料重視と、補償内容重視になります。
保険料が安ければ補償内容はどうでもいい、補償内容が手厚ければどんなに保険料が高くてもいい、なんてことはないかと思います。 家計に負担をかけないような保険料かをチェックしたり、補償内容・補償金額がもしものときに家計をちゃんと支えてくれるのか考えることはどちらにも重要だといえます。 ペット保険の選び方のポイントを踏まえたら、各ペット保険の比較表を見て徹底分析しましょう!