ペット保険が補償しないもの! | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険が補償しないもの!

ペット保険が補償しないもの!



ペット保険には補償対象外になるものがあります。補償範囲という約款上の記載を見逃さないようにしてください。大前提としてペット保険が補償するものは病気とケガです。その中にも補償対象外のものがあるのです。

 

 

 

 

 

 

ペット保険 補償されないもの

ペット保険の中には補償されないものがあります。それを飼い主がきちんと知っておくことが大切です。実際に補償されないものについて、意外と知られていないものが多いので、この機会に、ペット保険の正しい知識を飼い主が持つことは重要なことです。基本的に病気とケガが補償対象になるのですが、予防目的のために動物病院に支払う費用は一切補償されませんのでご注意ください。予防接種や健康診断はもとより獣医師の治療を必要としないサプリメントや健康食品などは補償対象外です。ペットの体調管理のために必要とされているものでもやはり補償対象外になるのです。そこをきちんと押さえておいてください。飼い主の理解の中では、その区分けがなかなかむつかしい部分でもありますが、避妊手術や、さいヘルニア、爪切り、肛門絞りなども補償されません。

こんなものも補償対象外

契約者や被保険者が重大な過失を起こしそれが原因の病気やケガという場合には保険請求の際に、尋ねておくと良いでしょう。交通事故などに対しても細かな取り決めがあるようです。そして地震や津波などの自然災害が原因となった病気やケガも補償されません。、これも意外なことですが確かに予測不可能なことでありますが、自然災害が起因した病気やケガはあらかじめ、補償対象外ということを知っておくべきでしょう。また交配や妊娠、出産に関わる病気やケガも補償されません。またワクチン接種や狂犬病予防接種、フィラリア予防などの予防目的の費用は補償対象外となっています。

歯の治療は?

歯に感しては病気が絡む場合が多いので、補償してくれる保険会社も、ありますが、一切補償はなしという場合もあります。動物病院で歯の治療をする場合には、たいてい虫歯ということではく、歯槽膿漏に伴う抜糸などは補償対象になります。微妙な線引きがありますのでこちらも保険会社に問い合わせるほうが安全です。

先天性異常については?

先天性異常については?

こちらも保険会社によって取り扱いが違うのですが保険期間中で獣医師が診断した初めての先天性異常については補償される場合もあります。その時点で発症しておらず、獣医師の診断のもと補償されるとなると、対象の保険に加入している人にとっては大きな救いになります。

またほかの保険会社では先天性異常の治療補償は一律一定の金額まで補償が受けられるという場合があります。これもすべて各保険会社の見解の違いによってかなり違いますので、ペット保険に加入を検討する際に、重要事項となります。先天性異常というものは、最初から把握できるものではありません。突然大きな症状が出て初めて分かる場合がほとんどですので加入前に保険会社の見解をきちんと検討材料にしておくことが重要です。先天性異常の範囲も広く、犬種によっては手術を伴う大掛かりなものがほとんどです。そこは絶対に異常が見つからないとは限らないので一応、ペット保険選びの際、先天性異常への取り扱いも調べておくほうが良いでしょう。

食中毒は?

いわゆる食あたりについても、各保険会社によって保障の有無が違っている傾向があります。すべての食中毒は被った傷害とみなす場合が少なく、季節柄どうしても細菌性の中毒が増えてしまう時期に発症した場合には、保険会社の見解に従うほかありません。このあたりの約款については非常に細かい基準が設けられているので、なかなか一概には見極められない部分でもありますが、まずはすべての保険会社のホームページ上の記載や約款を丁寧に読み取るほかありません。

既往症について

既往症がある場合には告知欄に正直に記載をします。そのうえで保険会社が判断をして免責事項の中にその病気を組み入れて契約が可能な場合もあります。過去に患った病気で今は完治している場合でも、やはりその病気に関するものはすべて補償しないという判断は当然です。そこを特約扱いにしてもらえる保険会社も多いので、一度相談をしてみると良いでしょう。今が健康であっても過去の既往歴というものは人間の保険同様に問われる部分です。思わず隠したくなるような場合や、うっかりと忘れてしまっていた場合でも潔く、正直に告知をする義務があります。ペット保険の保険金給付というのはみんなに公平な権利が与えられるものです。ですので告知義務違反だけは起こさないようにしてください。告知義務は保険にとって一番重要な項目だからです。

まとめ

ペット保険の補償の範囲は細かな約款に書かれています。ペット保険の補修対象外についての記述は見逃してしまう可能性がありますので、できれば保険の加入を検討した場合には、一度口頭で質問をしながら検討するほうが安心で安全だと思われます。素人判断ではわからないことが多いので、ここは保険会社の人に相談をして自分のペットの今の状況を詳しく話してから加入を検討するべきなのではないでしょうか。補償されない病気やケガがあることをあらかじめ知っておくことが重要です。