ペット保険に入ってよかった!と思うとき・動物病院の高額医療費 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険に入ってよかった!と思うとき・動物病院の高額医療費

ペット保険に入ってよかった!と思うとき・動物病院の高額医療費



ペットが突然の病気やケガで動物病院を受診したときには、想定外の高額請求になることがあります。もともと、ペットの診療費用は自由診療ということで獣医師が判断した医療行為がそのまま医療費に反映されるのです。

 

 

 

 

 

 

人間と変わらない高度医療

ペットの寿命が延びる背景には動物医療の進歩があります。人間と同じレベルでCTやMRIが診療に導入されていることで、正確な診断に役立てていることがあります。病気が治って寿命が延びる半面で、治療費も高額になってきているわけです。一般的な体調不良で動物病院を訪れても血液検査を受けるだけですぐに5000円以上の治療費が計上されます。大切な家族同様のペットのために、医療費をねん出するのが飼い主の責任ですが度重なりますと負担も増大します。

そのためにもペット保険の加入を検討する人が増えているのです。全額が自己負担ということで、病気やケガの状態によっては一度に10万円以上の治療費が発生することも日常茶飯事なのです。それに備えるのは、やはり金銭問題が絡みますのでペット保険の存在が大きいわけです。だからこそ、ペット保険の内容を十分に吟味して加入に進まなければいけないのです。

高額診療費用について

<高額診療費用について>

動物の医療費は獣医が決めるという点が人間の医療との大きな隔たりです。簡単に言えば自由診療の名の下で合法的なことです。飼い主は常に受け身です。そこで重要なのは獣医師と普段からコミュニケーションを図り、正当な治療を飼い主の経済面も考え併せて決めてもらえることです。それがないと、想定以上に高額な請求を課せられる場合があります。

初診料からすべての治療費に単価がありますが、動物病院単位でこちらもかなり変わってくるのです。飼い主は治療費のねん出と、治療費の軽減のためにペット保険の加入を常に考えておくべきです。病院側が提示する金額に制限をかけることもできません。また何の規制もない状態ですので、その請求金額がすべてということになるのです。このようなことを考えていると安易に動物病院にも行けません。そう考えるようになある前に、ペット保険の加入を真剣に考えたほうが無難という結論に至るわけです。

飼い主がペット保険にありがたみを感じるとき

ペットの存在はまるで小さな子供のようなものです。愛犬家ならば、ほとんどの人がそう感じているはずです。子供が度々熱を出して病院に走るようにペットも体調を崩しやすい場合には、度々と動物病院のお世話になるものです。子犬をお迎えして楽しいペット生活が始まった矢先に、体調を崩して長期の治療が必要になる場合もあるのです。

成犬の場合でもある日突然、内臓疾患を発症することや、想定外のケガに見舞われる場合もあります。たった1度の治療費で1万円がかかったとすれば、その場で支払いをして済む話ですが通院費用が2万円、3万円と加算されると家計もひっ迫してきます。それが現実です。一般的に、ペットと暮らすとお金がかかるというのは本当に現実的なことなのです。

突然の大病やケガ

 

ずっと元気で暮らしていた子が突然大病をしてしまったときに、入院や手術を合わせると30万円以上の治療費がかかる場合も多いのです。そんなときに、ペット保険に入っていれば一時的に窓口清算をしておけば保険の加入条件に応じて1か月以内に、保険金の給付を受けられます。そのときに、保険のありがたみを強く感じるものです。

愛犬に限ってそんな大病をするわけがない、大ケガなどはあり得ないと考えているとある日突然、他人ごとではない日が訪れる場合もあるのです。高額な医療費を目の前にして改めてペット保険の重要性を考えさせられたという体験をしている飼い主が多いようです。

ペット保険の重要性を改めて考える

これまでペットの病気を体験した人も、大病を越えた経験がある人も気持ちの奥底に流れるのは深い愛情です。そこで愛犬のために最初からペット保険の加入を考える場合と途中から加入を検討する場合とがります。ペット保険に入らずにその分、貯金をしてあげればよいという考えもあります。ただなかなか現実的にはペットのための貯金というもは難しい場合もあります。

月に5000円の貯金をしたとしても、次の月に内臓疾患にかかった場合には到底、数万円では賄える金額ではありません。一般家庭としては、まとまった金額を準備することは現実問題として厳しいことです。重い病気やケガに見舞われたときに急にペット保険に加入できるものでもありません。準備期間が必要です。病気を経験してからの保険加入は非常に厳しいことです。ペットと暮らすためにはお世話にかかるコスト以外に、病気やケガに対してかかる治療費は想定外です。そこをフォローできるのがペット保険だということを、今一度考えてみてください。

 

まとめ

ペット保険に対して恩恵を深く感じるのは、愛犬が病気をしたときです。そこを予知することはなかなか厳しいのですが、ペット保険への加入という道があります。そこを冷静に考えてペット保険の存在を深く捉えてみる機会が必要です。