ペット保険の補償範囲についての知識 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険の補償範囲についての知識

ペット保険の補償範囲についての知識



ペット保険に加入をするとすべての治療費やペットにまつわるものは補償されると考えている人もおおいようですが、ペット保険で補償されるのは入院、通院、手術を受けるにあたってかかる診療費に対してのものに限られます。今回はペット保険の補償範囲についての情報をまとめました。

 

 

 

 

補償範囲を確認する

ペット保険というのはペットがケガや病気にかかり実際にその日に計算された治療費が補償の対象になります。自分が契約しているペット保険の一定割合を保険金として受け取れることがペット保険の仕組みです。その補償の割合は、それぞれが加入している保険会社のプランによってすべて異なります。

ほとんどのペット保険が50~80%のプランを打ち出しています。圧倒的多数の人が選ぶのがこの補償割合50%~ののペット保険です。ペット保険に加入している場合には診療費に応じた保険金が後から受け取れる場合と、窓口請求ができる保険の場合にはその場で計算してもらえます。

注意するべきペット保険の契約内容

あらかじめ契約している約款の中に書かれている診療費の補償内容を正しく把握しておくことが重要です。診療費の補償種類にも数多くのものがありますが1日の上限額、年間の受診回数、というものが細かく掲載されているのです。この内容に沿って補償を受けられますので、動物病院に通う際にはあらかじめ、補償内容をチェックしておく必要がありますね。

ペット保険の補償対象について

自分のペットが急な体調不良で動物病院で診察を受けた場合に、補償対象になるのはあくまでも、ケガや病気の診療に対してのみです。診察を受けて医療行為を受けた場合に限りその費用を補償することがのがペット保険の役割であり契約なのです。どのペット保険会社も補償の種類は同じで、ペットが動物病院への通院による診療を受けた場合で、その時にかかった治療費に対して保険金が受け取れるものを通院補償と言います。そして病気やケガが自宅では看護できず獣医師の方から入院措置を勧められた場合、その費用に対して保険金が支払われるのが入院保障です。そして手術を受けたときに計上された治療費に対して保険金が支払われるのが手術補償です。ペット保険の補償は大きく分けて3種類になります。ペット保険のパンフレットやHPで書かれている各補償ごとに支払われる保険金を「通院保険金」「入院保険金」「手術保険金」と呼んでいるのです。

各保険金についての詳細

通院保険金とは、あらかじめ保険会社が除外していない病気やケガにかかったペットが治療のために動物病院に通院をしたときに支払われる保険金のことを指します。補償対象内のものに対しては通院診療費の一定割合や全額が飼い主に支払われるというものです。ここで注意をするべきことは補償割合と支払い限度額そして通院の上限回数は各保険会社よって全く異なりますので、きちんと自分のペット保険の契約内容をチェックしてから保険請求をするようにしてください。

入院保険院とはペットが自宅からの通院ではケガや病気の療養にならず動物病院での入院加療が必要と判断された場合、その入院の際にかかった治療費が支払われる保証金です。動物病院によって治療費とは別に入院費用を計上していることがほとんどです。1日いくらという計算がありますので長期にわたる場合や、高額な治療費が伴う場合には、先持って概算を出してもらうほうが良心的です。入院費用についても保険の契約内容に沿って一定割合か全額が支払われることになります。通院の場合と同じで補償割合と支払い限度額、そして入院において一番気になる上限日数を把握しておいてください。長期の入院となると、年間の日数が限られているペット保険の場合には不利になります。使い方を考えて少しでも飼い主の負担を減らせるように工夫してみてください。

手術保険金とは内科的な治療が困難な場合、外科的な治療が選択されます。手術が必要なペットがケガや病気の手術治療のために必要な治療費が手術を受けたときに支払われる保険金です。手術費用の一定割合もしくは全額が支払われますがここでもあらかじめ契約時に決まっている補償割合や支払い限度額そして上限回数がりますので、保険に加入する際に把握しておくべきことでしょう。

特約をつけて補償を充実させる

人間の保険補償のようにペット保険も手厚い補償を準備できる場合があります。その補償はペット賠償責任特約です。誤って他人に怪我を負わせてしまったばあやペットの葬祭費用の一部を負担してもらえるなど、ペット保険会社によって決まっている割合に応じて対応が可能です。

まとめ

ペット保険の補償範囲については事細かに約款には掲載されているものです。事前に自分が入っているペット保険の補償対象になるものはどの範囲かを知っておくことは重要なことです。飼い主としてきっちりと理解をしておくことが必要です。