ペット保険の補償割合と限度額の違いを理解しましょう | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険の補償割合と限度額の違いを理解しましょう

ペット保険の補償割合と限度額の違いを理解しましょう



ケガや病気のため動物病院で治療を受けた場合に、「治療費のうち、どのくらいを保険金として後から受け取れるのか」については、各社ルールが様々です。全てのペット保険会社が一律の割合ではありません。ですから、それぞれのペット保険の条件の違いを理解して加入を検討する必要があります。ここでは「補償割合」と「補償限度額」の性質について確認していきましょう。

 

 

 

 

 

 

ペット保険・補償の種類

ペット保険は一般的に「入院」「通院」「手術」の3つについて発生した治療費を補償します。しかし、全てのペット保険が「入院」「通院」「手術」の3つに対応しているとは限りません。極端に保険料が安いペット保険の場合、「入院」「通院」「手術」の3つ全てを補償していない場合もあるのです。「入院」「通院」「手術」をどの程度補償しているかは各会社・プランによって様々です。補償範囲の違いによって保険料は変わってきますから、ペット保険加入前に補償範囲をしっかりと把握しておくことは必須です。愛犬がケガや病気のために動物病院で治療を受けた場合、「治療費のうち、どのくらいを保険金として後から受け取れるのか」について飼い主がしっかりと把握しておくことが肝心です。

補償割合とは

ペット保険ではおおむね、最初に「補償割合が何パーセントの保険なのか」を大々的に広告として出しているものです。「実際の治療にかかった医療費のうち何パーセントが保険金として飼い主に支払われるのか」はペット保険を選ぶうえで最も重要な事項の一つと言えます。一般的なのが50パーセント・70パーセントという補償割合です。飼い主としては、補償割合の高いペット保険の加入を検討することが多いようです。補償割合が高いということは、当然保険料も高くなる傾向にあるので、そこは留意しておきましょう。ご自分の中でバランスの取れた保険料と補償割合のペット保険への加入をお勧めします。

手術を主に補償するタイプのペット保険

「入院」「通院」「手術」の3つ全てを補償しないプランの中で多いのが、「手術」を中心に補償する保険です。ペットの手術費用はかなり高額になるものです。なぜなら、人間のように医療費を国が負担してくれる制度が存在しないうえ、動物病院の自由診療に応じた治療費を請求されるからです。「手術」を中心に補償するは、高額になりがちな手術費用の補償に加えて、手術前後に必要な入院に対する補償に絞ることで保険料を抑えた保険になります。「手術」のみで「入院」を補償しないタイプのペット保険よりもバランスが良く安心感が高いです。

「入院」「通院」「手術」を補償するタイプのペット保険

「入院」「通院」「手術」の3つ全てをバランス良く補償するタイプの保険は加入者も多く、ペット保険の中でもスタンダードです。動物医療の治療費は検査も含めると1回が高額になる場合も多々あります。それが数日続くだけで、大きな治療費が加算されることになるのです。どのプランにしようかと迷っている人の場合には、最初から動物医療に関わる全てをバランス良く補償してくれる「入院」「通院」「手術」の3つ全てを補償するタイプのペット保険へのご加入をお勧めします。

ペット保険の制限について

ペット保険には1日の支払い限度額を設けている場合や、年間での回数や日数に制限を設けている場合があります。ここをうっかりと見落として加入をした場合、制限を越えてしまった補償は一切受けられなくなってしまいます。一見、補償割合が高いペット保険には魅力的ではあるものの制限が厳しい場合が多ので、それよりも年間限度額が定められているペット保険を選ぶ方が安心でしょう。

ペット保険・限度額の実例

例えば、愛犬の治療費に50万円もかかってしまった場合を想定して説明します。補償割合が50パーセントの場合、70パーセントの場合には、補償割合で計算をした金額の保険金を受け取ることが出来ます。しかし、1日の限度額に制限がある場合には補償割合分の保険金を受け取ることができないのです。またペットの治療は通院日数が多いのが特徴ですので、やはり回数・日数制限については加入前にしっかりと検討をしておく必要があります。

補償割合だけを見て加入を決定するのではなく、日数制限や限度額制限がどのくらいかをきっちり把握することが必要です。

免責金額について

あらかじめ免責金額が設定されているペット保険も存在します。免責金額とは「補償割合に関係なく、保険加入者が必ず負担する金額」のことです。きちんとペット保険の詳細に書かれているのですが、案外と見落とす場合がありますので要注意です。

例えば、ある保険会社の補償割合が50%のプランに加入しており、そのプランの免責金額が1万円と規定されていたとします。この時、ペットの治療費が10万かかっってしまった場合を考えます。保険加入者はまず免責金額分の1万円を負担し、残りの9万円については、50%分の4万5千円を保険会社が補償してくれます。また、免責金額以下の治療費(この場合1万円以下)は請求すらできません。そのようなペット保険は補償割合が良いのでつい加入を検討してしまいますが、免責金額の部分で思わぬ落とし穴があるのです。

・免責金額の種類

1回目の治療のみ免責金額分を負担しなければいけないパターンと、毎回の治療で免責金額分を負担しなければいけない場合があります。補償割合がどれだけ良くても、毎回の治療費ごとに免責金額分を負担しなければいけない場合は、補償金額がずっと少ないままですので、あまり条件が良いとは言えないのです。

まとめ

ペット保険の加入を検討する場合には約款を隅々まで読み、補償割合や限度額、免責金額の有無までチェックをしたうえで、最終判断をしましょう。