柴犬の性格と飼い方 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 柴犬の性格と飼い方

柴犬の性格と飼い方



柴犬

柴犬は、日本古来の犬種であり、先祖は原始時代に南方から渡ってきたとされています。
ところが、日本犬全体が戦前の明治期に入ってきた洋犬との雑種化が進み、絶滅の危機にさらされました。
その後、日本犬を保存するという目的で、貴重な文化財として柴犬を含めた日本犬を保護することが推奨された為、昭和11年12月に柴犬は【天然記念物】に指定されました。
また、実は柴犬には2種類あります。≪近代のたぬき顔の柴犬≫と≪古来の縄文柴といわれるきつね顔の柴犬≫です。
きつね顔の柴犬の特徴は、額から鼻筋にかかる部分が浅く、ほとんど平坦で、面長で細い顔、まさにきつねに似た顔つきをしています。一方たぬき顔の柴犬は、額から鼻筋にかかる部分が深く、横から見た場合それがはっきり分かる形になっており、頬が張って丸っこい顔をしています。
もう一つの違いは、歯の大きさです。縄文柴はオオカミにちかいためか、たぬき顔よりも若干大きくなっており、野性味をおびています。
また体つきでいえば、縄文柴は全身が引き締まっており、すらりとした細身の体をしています。一方たぬき顔の柴犬は、筋肉質のがっしりした体つきをしており、首も太くなっています。

柴犬の性格

元来、主人以外の人間にはあまりなつかない傾向のある柴犬ですが、最近では社交的な柴犬も増えてきております。
仔犬のころから色々な人や他犬種に慣れさせておくことで、ひとなつっこい、社交性のある柴犬に育てる事が出来ます。
また、我慢強い性格と賢さ、家族に対する愛情の深さ、環境に対する順応性の高さ、柴犬はこういった日本人的な良さをすべて兼ね備えた理想的な日本犬といえます。

柴犬を飼うのに向いている人とは?

毎日一緒に運動できる人

柴犬は野山を駆け回っているような犬です。
都会暮らしでは体がなまってしまいます。室内でも飼うことは可能ですが、しっかりと運動を毎日する必要があります。
朝のランニングが日課の方は非常に向いているのではないでしょうか?少なくとも一回30分の散歩を、1日2回はしましょう。ゆっくり歩いてにおいをかいだり、探索したりという散歩の仕方も大切ですが、運動になるように速足や少しランニングすることも大切です。
若い柴犬の場合はこれくらいしないと十分な運動量は確保できません。近所にドッグランのある恵まれている方は少ないと思いますので、飼い主さんとの日々の運動が重要になります。

しつけがしっかりできる人

柴犬は比較的警戒心が強いこたちが多いです。そのため小さな音にでも反応して大きな声で吠えたり、知らない人や犬にほえたりするようになるかもしれません。

非常に賢い犬たちなので、しっかりしつけることができればこうしたことは起こりません。
裏を返せば、しつけが出来なければ自分で判断して危ないものだと思い込めばいつまでも吠えている犬になってしまいます。
また、動くものに反応するので散歩中など気になるものがあると強く引っ張るようになってしまいます。毎日の散歩で引っ張られていたらものすごく疲れますし、もしもの時愛犬をコントロールできないので思わぬ事故につながります。

そうならないためにも日ごろからしっかりしつけをし、意思疎通を密にしておくことが非常に大切です。
洋犬のほうが素直にいろいろなことを吸収してくれるのでしつけはしやすいです。
柴犬など日本犬は人の指示を先読みしたり、人間側がめんどくさがっていると敏感に察してゆうことを聞いてくれなくなります。真剣にまっすぐ向き合える人にぜひ飼っていただきたいと思います。

換毛期の異常な抜け毛を気にしない人

柴犬の毛は一定以上伸びないですし、足周り口周りは短いので手入れはしやすいです。
しかし換毛期はわけが違います。どんなにきちんとブラッシングをしても、部屋の床に靄がかったように抜けた毛が散乱します。
普段も固い毛が抜けるので、抜け落ちる毛が少ないほうがいいという方には向きません。

ある程度しっかりコームで抜ける毛を除去してあげると、幾分気にならなくなります。ですが、根元までしっかりかき分けてブラシをあて抜ける毛を除去するのは時間がかかります。
ブラッシングを嫌がらないように、しっかり慣れさせておかないと逃げ回って余計に大変です。以上のことを踏まえて、その苦労より柴犬を飼いたい気持ちが強いなら頑張れるでしょう。柴犬

まとめ

柴犬を飼うのは大変どうだと思われるでしょ。実際大変な面が多いです。
意思がしっかりしていたり、神経質だったりいろんな柴犬がいます。
しかし飼い主と一緒にいると安全と、思ってもらえたらどんなことにでも物怖じしない強いタフさを持ちます。
体も元から丈夫なこが多いで、一緒にいろいろなレジャーができます。

何より共に暮らし、共に生きるという強い関係性を日々感じることができます。一緒に生きてゆく相棒を探している方は、柴犬を相棒とするのもいいのではないでしょうか?