チワワがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > チワワがかかりやすい病気は?

チワワがかかりやすい病気は?



チワワは体が小さい分、かかりやすい病気も多いとう一面もあります。日々の暮らしに注意を払い、定期健診を欠かさずにして犬種特有の病気を早期発見できる病気は対処してあげるようにしましょう。

 

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝にある膝蓋骨が、ずれてしまうことで発症する病気です。一般的に小型犬に多いといわれている病気ですが原因は先天的な、形成異常だと言われています。膝蓋骨が内側にずれた状態で歩くことで、おかしな歩行になります。その時点で膝蓋骨脱臼に気づきます。

症状によっては保存療法も選べますが、グレードが進んでしまうと外科手術でしか治せない状態になります。少しでも早く気付いて生活面でも気を付けてあげることが大事です。

水頭症

チワワの子犬に多い脳の疾患です。水頭症は後天的な理由ではなく遺伝が主な原因になります。頭蓋骨の内部には脊髄液があります。この部分が増えてしまうことで脳圧があがってしまうのです。
どこの場所が圧迫されるかにより症状が異なります。チワワの子犬がよく見せる症状は同じところをクルクル旋回することやけいれん、視力障害です。少しでも異変に気が付いたら早めに検査を受けておきましょう。

水頭症の治療は内服薬で症状に対処する方法です。脊髄液を減らすために利尿剤と副腎皮質ホルモンを使います。根気よく薬を飲んで危険防止に努めんがら、大事に至らないようにすることが重要な病気です。

低血糖

チワワには圧倒的に多い病気です。体が小さいチワワの場合には子犬時代に警戒するべき病気の一つです。食事の感覚がうまく行かない場合いは血糖値が下がりすぐに、症状を起こしてしまいます。低血糖は小型犬が子犬の時に起こりやすい病気と言われています。成犬になってからも、体が冷えているときや運動が過ぎてしまうと、低血糖が起きる場合もありますので注意をしてください。

症状としては急に元気がなくなりけいれんが起きる場合もあります。そのような状態に陥ると大変ですので特に低体重のチワワは常に、糖分補給ができるように市販のリキッドなどを手元に置いておくと安全でしょう。

低血糖の治療法

症状がひどい場合には点滴を使ってブドウ糖を体内にゆっくり入れることで改善を待ちます。同時に栄養状態をよくするために高栄養の食事に切り替えるなどチワワが低血糖を再発しないように心がけることが一番大事なことです。

まとめ

チワワ特有の病気に対しては常に飼い主が様子を見守って異変を感じた時点で動物病院で相談をすることが絶対に大事なことです。そこを見落とさないように心がけてください。