プードルがかかりやすい病気は? | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > プードルがかかりやすい病気は?

プードルがかかりやすい病気は?



プードル種がかかりやすい病気は多く飼い主は健康管理には注意を払ってあげる必要があります。プードルには大きさによって呼び名が違う場合がありますが、今回はプードル種として捉えて、病気の傾向を調べてみました。

 

免疫介在性溶血性貧血

プードルが用心するべき病気の一つとして免疫介在性溶血性貧血があります。最近まで元気にしていたのに急に、元気がなくなって疲れやすくなります。そして散歩などの運動をしたがらなくなります。貧血の症状としてすぐに息切れをするという症状が出てきます。そのほかにも水を多く飲みすぎることや多尿が見られるようになります。

免疫介在性溶血性貧血は、免疫システムが崩壊してしまうことえ自分自身の赤血球を攻撃することで発症します。一般的にはウイルスや細菌の感染などが原因と考えられています。発病をしてしまうと積極的な治療が必要になります。

治療方法は?

ステロイド剤などの免疫抑制剤を投与して様子を見ます。貧血の症状が重い場合は輸血を行い改善を図りながら治療を進めます。。輸血により症状が急に悪化する可能性もあるため、選択する治療は獣医師とよく相談しておこないましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアはトイプードルに多い病気です。トイプードルに多い腰部の椎間板ヘルニアは、姿勢によっては背中にかけての疼痛に非常に苦痛を伴います。突然、背中を触るだけで痛みを感じるようになります。病気が進行すると後ろ足の麻痺が起きます。

トイプードルが椎間板ヘルニアで痛みを感じる場合には、一時的に運動を控えて安静にするなど、飼い主はトイプードルの生活管理をする必要があります。硬い床を避けてカーペットなどを敷いて段差を少なくするように心がけましょう。

糖尿病

糖尿病の症状として水を飲む量が多くなって尿の量や回数が多くなります。食欲が増えるわりに食べても急激に痩せるという症状が出てきます。治療としてはインスリン注射を当面の間打ち続ける必要があります。悪化を防ぐためは獣医師と相談をして適切な食事管理と肥満予防が肝心です。

まとめ

プードルには骨の病気の内臓疾患の心配があります。どちらも投薬や生活習慣が大いに関わってくる病気ですので十分に、獣医師に管理をしてもらいながら、病気が悪化しないように努めることが重要です。いつも元気に過ごしているようでも、些細な症状を見逃さないようにしてあげることで病気の早期発見に繋がります。飼い主として、犬種特有の病気を常に警戒することは重要なことだと思います。