ペット保険トラブル | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ペット保険トラブル

ペット保険トラブル…よくある事例をご紹介!


ペットのもしもに備えて加入するペット保険。そんなペット保険でトラブルが起こったら意味がないですよね。今回は、ペット保険に関するよくあるトラブルについてまとめてみました。
   
 

保険金が支払われない?!

 お金
こちらが一番よくあるペット保険トラブルです。
このトラブルには2つの原因が考えられ、ひとつ目は保険会社の説明不足、もうひとつはご契約者様の理解不足です。
この2つがそろってトラブルにつながることも多いです。

ペット保険加入の際には約款という、契約にあたっての規約が多く書かれた文章を読むことになります。
そこには保険金を支払えない条件=免責事項や契約にあたっての注意事項がかかれているため、多少面倒でも隅々まで読み込みましょう。

保険会社の説明不足

まず、保険会社がわかりづらく曖昧な表現を使用している場合についてです。
そういった場合は、自分のペットのかかりやすい病気・ケガについてかかりつけの動物病院の獣医さんに相談し、その病気・ケガが免責になるかどうかを保険会社のパンフレットなどできちんと読み込みましょう。
それでもわかりづらい場合は、保険会社に電話をかけて確認することが大切です。

契約者様の理解不足

つぎに、ご契約者様の理解不足でトラブルに発展してしまう場合についてです。
前述したとおり、ペット保険には免責事項というものが存在します。

具体的には
・保険金が支払われるのは保険加入期間中に患った病気・ケガの治療のみ
ワクチン接種検診は対象外
待機期間は対象外
既往症先天性異常予防可能な感染症は対象外

といったかんじです。
驚かれる方もいるのではないでしょうか。
理解できていなかった!という方は、ぜひご契約なさっているペット保険の約款をもう一度よく読んでみてください。

また、こういったトラブルの多くは保険金を後から請求するタイプのペット保険です。
窓口精算のできるペット保険であれば、その場で動物病院の方が保険適用かどうかを判断してくれるので、 こういったトラブルは大変少ないです。
 

保険契約できない?!

犬
次は、保険自体に契約できないトラブルです。
こちらのは、ペット保険に年齢制限があることをご契約者様が知らないことが主な原因となっています。
ペット保険の年齢制限について説明します。
まず新規契約についてですが、制限年齢を設けているところがほとんどです。
基本的には10歳前後に設定されています。
また、健康体であることを示す必要もあるため、保険への加入を考えているならなるべく若年のうちの加入をおすすめします。

次に契約更新可能年齢というものも存在します。
こちらは保険会社によって異なりますが、だいたい11~12歳に設定されています。
そのため、契約更新を断られる可能性があるのです。
また、前年の保険金受取状況や病歴等によっては免責事項を増やされる可能性もあります。
 

おわりに

いかがでしたか?ペット保険に関するトラブルは、発生率を自分で低くすることも可能です。まずはお手元の約款をもう一度読み直すことで、トラブルを防ぎましょう。