補償内容「割合」と「限度額」 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > 補償内容「割合」と「限度額」

補償内容

補償の「割合」と「限度額」


もしもの時、十分な治療をしてあげたくて入った保険。それが家計を圧迫して生活が苦しくなったら元も子もないですね。
補償内容をあまり落とさずに、制度を利用して賢くお得にするにはどうしたらよいのでしょうか?

申し込むところからがお得のポイント

猫

初年度だけですが、インターネットから申し込むと3~5%くらい割り引かれることがあります。

パンフレットをもらい、それについている用紙で申し込もうとしているならちょっと待って!
ぜひその会社のサイトから申し込んでみて。
ただ、この場合~歳未満といった条件がある場合があるので注意。

また、家で何頭か飼っている場合、同じ保険会社に入れると2頭目は割引の対象になることも。
多頭割引の金額は少額ですが、同じ保険会社に一緒に入るのがいいかもしれません。


迷子防止にもなる

猫

マイクロチップを入れていることで割引の対象になることがあります。
日本ではまだ、マイクロチップは義務化されていませんが、地震の時などもしはぐれ首輪も無くしてしまっていたとしても再会できます。

動物の安全を守るためにも、マイクロチップは自発的に入れるのがいいかと思います。
そして保険料もおとくに・・・。

ちなみに、マイクロチップの挿入費用は自己負担となります。
しかし、市などによっては一部の金額を補助してくれる場合があります。
お住まいの地域や、動物愛護センターなどのホームページをご参照ください。


支払い方法を見直して

犬

継続した場合や、クレジットカードで一括支払いした場合など割り引かれることが多いです。
継続プラスクレジット払いなど合わせるとそれなりにまとまった額の割引になることもあるので、支払いは余裕をもって行いましょう。

もしできるなら、年一括払いが良いという場合も多いです。
クレジットカードなら、カードのポイントも毎回つくので保険会社で割引になる以上にお得です。

また過去1年間保険金の受取がなかった場合、無事故割引として翌年の保険料が割安になります。


ペット保険を比較してみよう!