ヨークシャーテリアの性格と飼い方 | ペット保険ランキング比較

ペット保険ツナグワン

ペット保険トップ > ヨークシャーテリアの性格と飼い方

ヨークシャーテリアの性格と飼い方



ヨークシャーテリア

ヨークシャー・テリアは一般的に「ヨーキー」の愛称と、ダーク・スチール・ブルーの美しい毛色で知られています。
イギリスのヨークシャー地方では、昔から優良な動物を繁殖する事で知られており、ヨーキーはこの地方で様々なテリア種と
マルチーズを交配させ、今の小型テリアが完成しました。
被毛の美しいヨーキーは『動く宝石』とも言われ、特に富裕層のペットとして大流行しました。
知的な表情や誇らしげな動き、小型の体型ながらテリアらしさを充分に継承した今でも人気の犬種です。
今回はそんなヨークシャーテリアの性格や飼い方についてまとめてみました!

ヨークシャーテリアの性格

ヨークシャー・テリアは小さいですが、エネルギッシュで負けん気が強い性格です。
甘やかしてしまうと自分勝手な犬になってしまうのでしっかりしつけをする事が大切です。
また好奇心が強く大胆で、自尊心も強いので、他の犬や動物に対し攻撃的になってしまう場合もあります。
吠え癖を持った犬も少なくありませんが、根気よくしつけをすれば直す事ができます。
家の中を走り回るだけで充分な運動になりますが、軽めの散歩やボール遊びなどをするとより良いでしょう。

ヨークシャーテリアのケア

ヨークシャー・テリアは元々室内犬として小型化されたため、屋内での育成は向いていません。
被毛は艶やかで美しく、本来は地面に着く位長く伸ばしてフルコートに保ちますが、
現在はケアが大変であったり、短くカットしている姿も人気の為、短くカットしてもかまいません。
長い被毛は毎日のブラッシングが必要です。
またショードッグに出るような本格的にケアをする場合は、専用のくしやブラシ、被毛用オイル、シャンプー、トリートメントなどの
用具も必要となります。
家庭犬としても、毎日のブラッシングと定期的なトリミング(カット)は必要になります。
ヨーキーは寒さに弱い犬種で、また小型化によって歯肉や気管の病気が問題視されています。

ヨークシャーテリアを飼うのに向いている人は?

しっかりかまってあげられる人は向いている

非常に甘えん坊な犬です。甘やかしていいわけではありませんが、しっかりとスキンシップをとってあげなくてはなりません。忙しすぎる人は向いていません。
かまってあげられないとストレスが溜まってしまいます。気を引こうと過剰なアピールをするようになるかもしれません。十分可愛がってあげるとともに、メリハリを持った接し方をしましょう。
お家が無人になる時間があまり長くない方に向いています。

お手入れをしっかりできる人向け

ヨークシャーテリアの毛は永遠に伸び続けます。家で飼っている場合は短く切ってしますというのも一つの手です。長い場合は優しく絡まりを解いて、ブラッシングしましょう。
短くした場合、汚れやすい口周りなどはしっかり拭いてあげましょう。足の付け根など絡まりやすいところは短く切った後でも櫛かけしてみましょう。細く繊細な毛質なので丁寧に扱います。
短くする場合は非常に楽なので、月々のトリミング代金をしっかり確保しておけばOKです。伸ばす場合は家出の手入れもかなり大変になります。もし伸ばしたスタンダードなスタイルで飼いたいと思っている場合は、手入れにかける時間をどのくらいとれるか計算しておきましょう。

散歩の時間が長くとれない人向け

ヨークシャーテリアはテリアなのでエネルギッシュです。しかし、その体格ゆえあまり激しい運動はできません。遊んであげることは必要ですし、気分転換に散歩もひつようです。しかし、忙しく散歩まで行く時間があまりないという場合は無理にいかなくてもいいでしょう。1回20分程度確保できれば問題ありません。
ちなみに、頭がよく動こうという意思はあるのでアジリティーは意外とできます。ドックランに行った際など、ドンネルなどがあったらチャレンジしてみるのもいいですね。ハードルは一番低いものにすると飛べます。
遊ぶのも頭を使うのも好きなので、趣向を凝らした遊びをしましょう。

その子に合わせたしつけができる人

テリア種は比較的よく吠えます。そのためしっかりしつけをしておかないと非常にうるさい犬になってしまうことがあります。
しかし、中には吠えることはしないという犬もいます。その代りいたずら好きだったり、常に人と遊びたくて気を引こうとしているという子もいます。
性格は本当にバラバラです。ヨークシャーテリアにしても、良く吠えるというこから教えたわけではないけどほとんど吠えたことが無いという子もいます。そういう場合でも出産したら吠えるようになったというように、状況の変化とともに変化する場合があります。
愛犬が今どのような状態に置かれているのか、しっかり把握し飼い主としてどのような対応をとるべきか吟味しましょう。ヨークシャーテリア

まとめ

いかがでしたか?

ヨークシャーテリアは人気の小型犬で飼っている方も多いです!
お散歩している方を見かけることも多いのではないのでしょうか?
ご検討されてみてはどうでしょうか?